東芝 債務超過解消が確実に



[東京 14日 ロイター] – 東芝<6502.T>は14日、2018年3月期末の株主資本が4600億円のプラスの見通しと発表した。昨年12月実施の6000億円の資本増強などにより債務超過解消が確実になり、企業存続への懸念を示す「継続企業の前提に重要な疑義」を持たれる状況から抜け出したと説明している。一方で、半導体メモリー事業の売却予定に伴い、通期営業利益予想を従来の4300億円から収支均衡(利益ゼロ)に下方修正、来年度以降の収益構造に不安を残す格好となった。(ロイター)

[続きを読む]





コメントを残す