「横乗り系」AIRWALKの今



 【平成B面史】シャカシャカ…シャカシャカ……。歩く度にこすれる音が特徴的な、七分丈のナイロン素材のパンツ。そのはきやすさや90年代の「ストリート系」の流行から、よく身につけていたという人も多いのではないでしょうか。小学生だった私が、特に目にしていたのが「AIRWALK」です。あの七分丈が醸し出す「まだ本気を出していない」感。それを本気で求めた酸っぱい記憶。そんな「AIRWALK」、今はどうなっているのか。「横乗り系」ファッションの栄枯盛衰を追いました。(朝日新聞デジタル編集部・野口みな子=平成元年・1989年生まれ)(withnews)

[続きを読む]





コメントを残す