他役員報酬もゴーン容疑者に?



 日産自動車代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が有価証券報告書に自身の報酬を約50億円過少に記載したとして金融商品取引法違反容疑で逮捕された事件で、日産の他の取締役に支払われなかった役員報酬の一部がゴーン容疑者に流れていた疑いがあることが20日、関係者への取材で分かった。ゴーン容疑者が、日産側が海外で購入した高級住宅を無償で利用していたとみられることも判明。東京地検特捜部は、いずれも報酬として有価証券報告書に記載する義務があったとみて調べる。(産経新聞)

[続きを読む]





コメントを残す