商工中金 社員1割超を削減へ



 大規模な不正融資が発覚した商工組合中央金庫(商工中金)は、採用の抑制などを通じ、4年間で全社員約3900人の1割以上を削減する方向で調整に入った。約100店舗のうち、3割を削減する見通しだ。近く発表する2021年度末までの中期経営計画に盛り込む。(読売新聞)

[続きを読む]





コメントを残す