免震検査改ざん 手口「脈々」



 製造する免震装置の検査データ改竄(かいざん)が発覚した部品メーカーのKYBと、子会社のカヤバシステムマシナリー。16日に記者会見したKYBの中島康輔社長ら幹部は沈痛な表情で謝罪した。チェック体制が欠如し検査員が改竄手法を口頭で引き継いだと説明。学校や病院など、公共性の高い場所にも納入実績があり「安全確認を急いでいる」というが、ずさんな管理に批判を浴びそうだ。(産経新聞)

[続きを読む]





コメントを残す