JAL「格安航空」は離陸するか



20年夏ダイヤからの就航目指して始動
 日本航空(JAL)は7月、国際線中長距離路線を専門とする格安航空会社(LCC)の準備会社「T.B.L.」を立ち上げた。2020年夏ダイヤからの就航を目指し、9日からは運航乗務員の募集も始めた。航空市場が成長力を持続する一方、LCCの台頭によって競争環境が混沌(こんとん)とする中でのJALの挑戦。新たなビジネスモデルを打ち上げ、軌道に乗せることができるか“発射”に向けて準備が本格化する。(ニュースイッチ)

[続きを読む]





コメントを残す