メニコン復活 支えた定額制



「コンタクトレンズのチラシをお配りしています」――。
 街頭では様々なチラシが飛び交うが、最も多いものの1つが、コンタクトレンズの販売店だ。駅前や商業施設ではあちらこちらで販売店を目にする。それだけ競争は激しい。だが実は、日本のコンタクトレンズメーカーが冬の時代から脱し、快進撃を続けている。(東洋経済オンライン)

[続きを読む]





コメントを残す