英中央銀行 10年ぶり利上げ



 英国の中央銀行のイングランド銀行(BOE)は2日、政策金利を過去最低の年0・25%から年0・5%に引き上げると発表した。利上げは2007年7月以来、約10年ぶり。昨年6月の欧州連合(EU)離脱決定後の通貨ポンド安で輸入品が値上がりして物価が急上昇しており、インフレを抑えるのがねらいだ。(朝日新聞デジタル)

[続きを読む]





コメントを残す