アイス 天気予報で需要先読み



 気象情報をビジネスに積極的に活用する事例が増えている。航空機の運航計画など気象予報を基に直接判断する業種だけでなく、気象と売れ行きの相関を解析して商品の需要を予測し、生産の最適化に生かすメーカーが出てきた。食品やアパレルなどの分野で広がっている。背景には中長期の気象予報の精度や解析技術の向上がある。利用業種の広がりに伴い、長年300億円前後だった気象ビジネス市場が拡大しようとしている。(ニュースイッチ)

[続きを読む]





コメントを残す