イカの漁期前に 北漁船が急増



 海上保安庁は1日、日本海の排他的経済水域(EEZ)で5月下旬から北朝鮮漁船の違法操業が確認されているとして、取り締まる様子の写真や動画を公開した。秋田県の西約400キロの「大和堆(やまとたい)」という漁場に近い海域。一帯では昨年も多くの北朝鮮の漁船が確認され、遭難船が日本海沿岸に相次いで漂着した。(朝日新聞デジタル)

[続きを読む]





コメントを残す