第三のビール刷新 酎ハイ参考



高アルコール・味わい追求へ
 大手ビール各社が第三のビールのテコ入れを図っている。第三のビールは2014年以降に4年連続で減少が続いている。高アルコールで好調な缶チューハイ市場への流出がその要因の一つと指摘される。それでも第三のビールはビール類で約35%を占める重要市場だけに、各社が高アルコールやビールに近い味わいを高めた新商品を相次いで投入。漸減傾向に歯止めをかけようとしている。(ニュースイッチ)

[続きを読む]





コメントを残す