地銀統合巡る対立 欠ける視点



独占利潤のリスクをどう判断
 地方銀行の経営統合をめぐり、公正取引委員会と金融庁の対立が際立ってきた。一連の議論では、経済の活性化という視点が欠けている。独占の弊害より、企業に資金という血液を供給する地域金融機関の経営安定を最優先すべきだ。(ニュースイッチ)

[続きを読む]





コメントを残す