日産とトヨタ タクシーに照準



日産、車両販売拡大。トヨタは配車サービスで囲い込み
 日産自動車は横浜市西区の本社でタクシー市場に向けた取り組みについて説明し、タクシー車両の販売を拡大する。高齢化のほか訪日外国人の増加で2020年の東京五輪・パラリンピックに向けタクシー市場全体が拡大する見通し。日産のタクシー販売は減少傾向だったが、今後は専用の「NV200タクシー」のほか、電気自動車(EV)「リーフ」やコンパクトカー「ノート」を拡販したい考えだ。(ニュースイッチ)

[続きを読む]





コメントを残す