ソニー、ミラーレス時代の覚悟見せた“新標準機”発表(日経トレンディネット)



 ソニーは2018年2月27日、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7 III」を発表した。35㎜フルサイズセンサーを搭載するミラーレスカメラ、α7シリーズの最新モデルで、有効約2420万画素の新開発のイメージセンサーや、従来製品より処理速度を高めた画像処理エンジンを搭載。画面内の93%をカバーするオートフォーカス機能、瞳の検出精度・速度が向上し、AF-Cモードに対応した瞳オートフォーカス機能、最高10コマ/秒の連写機能などが特徴で、スタンダード機ながら上位モデルである「α9」や「α7R III」と同様のハイスペックな機能を数多く盛り込んだ。

【関連画像】ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7 III」

 3月23日発売で、実売価格はボディーのみのモデル(ILCE-7M3)が23万円前後、ズームレンズFE28-70㎜ f3.5-5.6 OSSが付属するレンズキット(ILCE-7M3K)が25万円前後。

 1回の充電による静止画撮影可能枚数は最大710枚。パソコンなどとの接続端子にはmicroUSBとUSB3.1 Type-C(Gen1)を搭載。ボディー内に5軸の手ブレ補正機能を搭載する。重さは本体のみで565g。

 ソニーでは、レンズ交換式カメラ市場では金額ベースでミラーレス機の割り合いが伸びており、2018年には一眼レフを上回る見込みとしている。また、ソニーのレンズ交換式カメラの中ではフルサイズセンサー搭載機の売り上げが大きく伸びているという。こうした市場の変化の中、上位機種のスペックを盛り込みながら価格を抑えたハイスペックなスタンダード機を投入することでシェアを拡大したい考えだ。

(文/湯浅英夫)

【関連記事】

Related Post



コメントを残す