完全ワイヤレスイヤホンはアンカー製の8000円で満足(日経トレンディネット)



 アップルの「AirPods」を手に入れて以来、完全ワイヤレスのイヤホンしか使う気になれなくなった。今ではケーブルがあるだけでうっとうしく感じる始末だ。言うまでもなく、運動中などは余計なものがないほうが好ましい。移動中の電車内などでも、コートやマフラーにケーブルが絡まらないのは快適だ。また、僕はイヤホンのケーブルに物が触れたときの音が気になる。手元にケーブルタイプのイヤホンがある人は、音楽を流さずに耳にセットして、ケーブルに指で触れてみてほしい。指がケーブルに触れる音が耳に伝わってくるはずだ。ケーブルタイプのイヤホンはすべて、この接触音が気に入らないのだ。

【関連画像】AirPodsと比較。サイズは全体的にZOLO Libertyのほうが大ぶりだ

 基本的にはAirPodsで満足していたのだが、最近ちょっと不満を感じるようになってきた。というのも、僕は普段、iPhoneで音楽を聴き、Androidタブレットで映画を見ることが多い。だが、AirPodsはマルチペアリングに対応していないため、使う機器を替えるたび、いちいち接続を切り替えなければならない。AirPodsは、iPhoneとのペアリングはとても楽なのだが、Android端末で使うときはケース裏のボタンを長押ししなければならず、それもやや面倒だ。

 そこで、Android用に完全ワイヤレスイヤホンを探してみた。Android端末専用だし、スマートフォンやタブレットで使うイヤホンに最高の音質など求めないので、コストパフォーマンス重視だ。とはいえ、アマゾンでやたらにヒットする2000~4000円程度の安価な製品をいくつか試してみた限りでは、僕が満足できるものはなかった。人混みで接続が切れることが多いのだ。

AirPodsには及ばないものの十分に使いやすい

 比較的満足度が高かったのが、アンカーの「ZOLO Liberty」という製品だ。価格はアマゾンで税込み7999円だった。税込み1万4980円の上位モデル「ZOLO Liberty+」もあるが、それではAirPodsに対する価格的な優位性がなくなってしまう。AirPodsをはじめ、完全ワイヤレスイヤホンには1万5000~3万円程度のものも多いが、ブランドや音質に強いこだわりがない人には、ZOLO Libertyくらいのモデルがちょうどいいのではないだろうか。

 実際にZOLO Libertyを手にして思ったのは、AirPodsの完成度の高さだ。価格差があるので仕方がないとはいえ、AirPodsと比べると質感や細部の作り込みで及ばない。しかも、ZOLO Libertyは全体に大ぶりだ。専用の充電ケースのサイズは、定規での計測で8.5×4.8×2.8cmほどで、ポケットなどに入れるとかなりかさばる。左右のイヤホンもちょっと大きめだ。ただ、耳の小さな女性にも試してもらったところ、イヤホン自体は軽いので装着時の負担はそれほどでもないとのこと。サイズ違いのイヤチップとジャケットが付属するので、それらも試してみるとフィットするようになるはずだ。

 タブレットやスマートフォンとの接続は、最初にペアリングを済ませておけば、ケースから取り出すだけで接続される。AirPodsとiOS端末との組み合わせには及ばないものの、ペアリング設定や接続のスムーズさなどを含めた使いやすさでは、ZOLO Libertyでも十分だと思う。完全ワイヤレスイヤホンは、ケースから頻繁に出し入れするので、接続がスムーズでないとイライラしてしまう。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す