SIMロック解除した端末を格安SIMで使うには? 中古スマホ購入時に気をつけたいキャリアとSIMロックの落とし穴(日経トレンディネット)



 大手携帯電話会社から販売されているスマートフォンで、ほかの携帯電話会社やMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードを利用するには「SIMロック」外す手続きが必要だ。

【関連画像】原則、一括払いなら、すぐにSIMロックを解除できる。一方で、auの中古端末も、NTTドコモやソフトバンク同様に最初に購入した本人しかロックを解除できなくなった

 このSIMロック解除について、KDDI(au)とソフトバンクが2017年12月1日、一部の条件を変更した。これ以降、一部に例外はあるものの、端末代金を一括で支払った場合は、原則としてすぐにSIMロックを解除できるようになっている。NTTドコモではすでに同様の条件でSIMロックの解除が可能となっていたため、これで3大キャリアの足並みがほぼそろった格好だ。

 一方で、これまでauの中古端末は誰でもSIMロックを解除できたが、他の2社と同様に、最初に購入した本人しかロックを解除できなくなった。詳しくは後述するが、格安SIMでauの中古端末を使いたいと思っている人にとってはデメリットと言える変更で、今後は今まで以上の注意が必要だ。

 そこで今回は、大手携帯電話会社におけるSIMロック解除の条件や、SIMロック解除した端末を格安SIMで使うにあたり、どのような影響があるのかをまとめてみた。

一括払いなら、すぐにSIMロックを解除できる

 まずは、大手携帯電話会社のSIMロック解除について、最新の条件をおさらいしておこう。前述のように、2017年12月1日からは3キャリアの条件がほぼそろった。以前は日数などの条件に微妙な違いがあったが、現在は把握しやすくなっている。

 購入した端末のSIMロックがいつから解除できるのかは、3キャリアとも端末代金の支払い方法によって異なる。これがちょっとややこしい。

 まず、分割払いで購入した場合、SIMロックを解除できるのは、端末の購入から101日目以降。ただし、同じ回線で以前にもSIMロックを解除したことがあり、直近のSIMロック解除から101日目以降の場合は、端末購入後、いつでも解除できる。タイミングによっては、分割払いで購入してもすぐにSIMロックを解除できるわけだ。

 一括払いで購入した場合は、3社とも原則として、いつでもSIMロックを解除できる。なお、NTTドコモとソフトバンクでは、分割払いで購入した端末の残金をまとめて精算すると一括払い扱いになり、その時点からSIMロックが解除できるようになる。

 ただし、NTTドコモの「端末購入サポート」、auの「au購入サポート」、ソフトバンクの「一括購入割引」など、割引サービスを利用して端末を購入した場合は、分割払いと同様に101日目以降までSIMロックが解除できない(ドコモのみ、端末購入サポートの解除料を支払うことで購入から100日以内でも解除可能)。

 また、解約した端末のSIMロックを後から解除する場合にも条件がある。NTTドコモとauは解約日から100日以内、ソフトバンクは解約日から90日以内であれば、解約後でもSIMロックの解除を受け付けている。ソフトバンクのみ他の2社よりも期間が10日短く設定されているため、仮に端末のSIMロックが解除できるようになるまでの期間が91日以上残った状態で解約した場合、SIMロックが解除できなくなってしまう。

●auの中古端末も自分で購入したもの以外は解除不可能に

 さらに、3キャリアが公表しているSIMロック解除の受付条件には、表現が異なるものの「端末を購入した本人のみ解除の申し込みが可能」という内容が記載されている。中古ショップで購入した端末(いわゆる「白ロム」)はもちろん、家族から譲り受けた端末であっても、購入した本人以外はSIMロックを解除できないのだ。

 auに関しては、これまでSIMロック解除の条件をクリアしている端末であれば、誰がauのショップ店頭に持ち込んでもSIMロックを解除できたが、今回の改定により、端末購入者以外ではSIMロックの解除ができなくなった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す