新機種の登場でパナソニック「レッツノート」の素晴らしさを再認識(日経トレンディネット)



 パナソニック「レッツノート」シリーズの売れ筋は、12.1型液晶を搭載するベーシックな製品だ。定番は「レッツノートSZ」で、僕も愛用している。その人気シリーズの新機種が登場したのでレビューしていきたい。

【関連画像】左の黒いモデルが「レッツノートSZ」。新登場の「レッツノートSV」は色以外はほとんど変わらないように見える

 新登場の「レッツノートSV」はボディーが一新されている……と言っても「ん? どこが違うんだ?」と思うだろう。僕も最初はそう思った。ところが、実際には外装もほぼすべてが変わっている。光学ドライブの位置が変更されてるし、LEDの位置も異なる。ディスプレー部分も微妙に手が加えられており、ちょうつがいの形状も違う。

 本体の重量も微妙に重くなっている。最軽量モデル同士でレッツノートSVとレッツノートSZを比べるとSVが999g、SZが929gで70gの差がある。この差が生まれた理由はいくつかあるが、最も大きいのがクアッドコアCPUを搭載したことだ。前機種と比べて処理性能が1.3倍になっているとのことだが、単にクアッドコアCPUを搭載しただけでは性能をフルに引き出せない。放熱などに配慮した結果、重量が増してしまったわけだ。

 70g程度なら気にならないという人も多いだろう。だがレッツノートファンの僕は、微妙にがっかりした。軽量化とは言わないまでも、せめて同じ重量に収めてほしかったところだ。

 ちなみに僕は、レッツノートを買うなら本体カラーは黒と決めている。レッツノートのようにマグネシウムを使っているボディーは、アルミを使っているボディーに比べてパーツの合わせ目の隙間が目立ちがちだ。実際、レッツノートの合わせ目は、はっきり言うと隙間だらけ。しかし、黒い本体ならその隙間があまり目立たず、全体の完成度が高く見える。個人的な好みの話ではあるが、黒が格好良いと感じるのには、そんな理由もあるのだと思う。

見やすいディスプレーに顔認証対応カメラを搭載

 レッツノートSVが搭載するディスプレーは12.1型で、解像度は1920×1200ドットとなっている。いわゆるフルHDとほぼ同じだが、縦横比が正方形に近くなった分、縦方向の解像度が増していると考えていい。最近は高解像度のモバイルノートも多いので物足りないと思うかもしれないが、実用上は十分な解像度だろう。4Kレベルまで解像度を上げたとしても、それでは文字が小さくて見づらくなってしまうのだ。

 液晶は例によってアンチグレアだ。反射が抑えられており、明るい屋外でも見やすい。仕事で使うパソコンは、動画や写真がきれいなものより、文字が見やすいものであるべきだ。外出先で使うことを考慮すれば、モバイルノートの液晶はアンチグレアが絶対条件だと断言できる。

 またレッツノートSVは、ディスプレー上部に顔認証用のカメラを搭載している。紛失のリスクがあるモバイルノートでは生体認証も必須と言っていいが、顔認証と指紋認証のどちらがいいかは迷うところだろう。手袋をしているときは顔認証が便利だし、マスクをしているときは指紋センサーが重宝する。それでも僕が愛用しているレッツノートSZは生体認証非対応なので、大いにうらやましく感じる部分だ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す