若き女性作曲家に聞く 「2.5次元」劇中歌のつくり方 日米名門音大卒・端山奏子さんインタビュー(日経トレンディネット)



 人気役者を見に行くというスターシステムが主流だった日本の演劇業界に、作品のファンを劇場に向かわせる=コンテンツ重視の流れをつくった2.5次元ミュージカル。2次元で描かれたマンガやアニメの世界を、3次元の俳優たちが歌やダンスを交え舞台化したものだ。

【関連画像】「2.5次元」劇中歌のつくり方 端山奏子さんインタビュー

 ブームの火付け役である“テニミュ”ことミュージカル『テニスの王子様』の公演タイトルはいまや120作を超え、現在、3rdシーズンが公演中。ほかにも、『刀剣乱舞』『文豪ストレイドッグス』『黒執事』『おおきく振りかぶって』…と、人気マンガ原作の舞台は百花繚乱で、昨年は日本テレビがドラマと連動させるなど、演劇業界だけでなく、テレビ・音楽業界の2.5次元ミュージカルへの期待も大きい。

 また、東京・渋谷に登場した専用劇場「アイア 2.5 シアタートーキョー」は、訪日外国人といった海外のファンに向けて英語、中国語など多言語に対応しているのが大きな特徴だ。

 日本発の新しい演劇ジャンルとして、内外から熱い視線を集める2.5次元ミュージカル(注)。その1つ『2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ』(『ツキステ。』)で劇中歌を担当するのが、ロス在住の作曲家・端山奏子さんだ。名門桐朋学園大学作曲専攻を経て、バークリー音楽大学映画音楽専攻卒業後、ロスに拠点を移し作曲家として活動している。いわばクラシックの王道を歩んできた端山さんが、なぜ日本で独自の進化を遂げてきた2.5次元ミュージカルの音楽を手がけるようになったのか。そもそも2.5次元ミュージカルの音楽はどのようにしてつくられるのか、話を聞いた。

注…2014年3月には日本2.5次元ミュージカル協会が設立。2.5次元ミュージカルの先駆者でもある舞台制作会社・ネルケプランニング代表、松田誠氏が代表理事を務める。

作曲のスタート地点はキャラクターへの理解

――端山さんが作曲を担当された2.5次元ダンスライブ『ツキステ。』は、1~12月までの各月をイメージしたキャラクターのドラマや楽曲を収録するCD『ツキウタ。』を舞台化したものです。その第4幕(2017年10月公演)、第5幕(2017年11月公演)をご担当されましたが、そのきっかけは?

端山奏子さん(以下、端山): 以前、『ツキステ。』を演出されている方の映画の上映会がLAで開催されたことがあり、私はそこに足を運んでいたんです。自分の経歴やロスを拠点に音楽活動をしていることを伝え、実際に私の作品を聴いていただいたところ、「やってみないか」と声をかけていただきました。

 2.5次元ミュージカルについては“テニミュ”くらいは知っていましたが、観劇したことはなく、1から勉強するような感じでした。

 私が作曲しているのはキャストが歌う曲ではなく、いわゆる「劇伴(映画やドラマ、演劇、アニメなどの劇中音楽のこと)」です。『ツキステ。』は2部構成になっていて、キャストによるお芝居とダンスライブからなるのですが、お芝居のバックミュージックを作曲しています。

 登場するキャラクターも多いですし、最初はそれぞれのキャラクターを理解するところから始めました。原作『ツキウタ。』ファンの皆さんがそれぞれのキャラクターに求めているものは何か、例えば、「この2人が話しているときはかわいらしい音楽が必要だろう」というふうに考えながら、時には自分でセリフを言ったりして、進めました。

――“2.5次元”の劇中歌は、具体的にはどのようなプロセスで曲づくりが進められるのですか?

端山: 脚本が上がってから実際の舞台が始まるまでに、30曲前後をつくります。もちろん手直しがありますので、完成次第、提出する感じでしょうか。だいたい1日3、4曲のペースでつくっていました。

 脚本をもとに、ディレクターの方がこの辺りに音楽を入れたいという指示と、「幻想的な雰囲気で……」「悲愴感漂うピアノ曲……」といった楽曲のイメージ、さらに曲の長さ、だいたいの分数をリストにしてくださいます。とはいえ、「悲愴感漂うピアノ曲」と「シリアスなピアノ曲」の違いを表現するのは難しいので、台本を読み込んでイメージを膨らませていく感じです。サンプル音源を一緒にいただくこともあります。

 曲づくりは、演奏からアレンジまで全部パソコン一つでやっています。歌がある場合は譜面に起こしますが、それ以外は演奏しながら作曲していきます。楽器を選んで、打ち込んで…いまはいい音源がたくさんあるので、時にはそれを使ってつくっていきます。

 第5幕では、キャストが歌うオリジナル曲を1曲つくりました。あとはテーマソングの編曲を2曲、この2曲は既存曲をオペラバージョンなどにアレンジしました。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す