2017年中国版グッドデザイン賞「中国好設計」発表(日経トレンディネット)



小米のイヤホンは中国土産にいいかも

 昨年末、中国版グッドデザイン賞「中国好設計」の授賞式が行われ、14製品が金賞、114製品が優秀賞、23製品が栄誉賞に選ばれた。このうち一般向け製品について、金賞受賞製品を中心に紹介していこう。

【関連画像】USB Type-C接続のイヤホン「小米降噪耳机」は299元(5000円強)

 最も手に入れやすいと思われるのは、金属製のカナル型有線イヤホンの「小米P4 PRO」だろう。これは万魔声学科技が開発し、小米ブランドで販売されている製品で、価格は149元(2500円強)。中国のショッピングサイトや大都市の小米ショップなどで購入できる。ちなみに同じ開発、販売のUSB Type-C接続のイヤホン「小米降噪耳机」や、万魔声学科技ブランドの各種イヤホンも優秀賞を受賞している。

 スマートフォンと連携するスマート製品の中でも変わり種と言えるのが「牙偵探」だ。これは口の中を撮影するツールで、専用アプリで映像を再生すると虫歯や歯石、歯周病などをチェックできるというもの。専用アプリは口内の健康状態を管理できるほか、中国各地の歯科医にオンラインで予約を入れる機能なども搭載している。ただし、こちらはECサイト「京東」のクラウドファンディングで開発された製品のため、一定数の購入者が集まれば販売するとのこと。その際の価格は約700元(約1万2000円)となっている。

コンパクト、ポータブルをうたう製品が目立った

 中国人のライフスタイルが変わってきている影響もあるのか、今回は「ポータブル」を特徴とする製品の受賞が目立った。

 上海斐訊数据通訊技術の「PHICOMM AM1」というデジタル時計は、中国のシビアな環境を背景に誕生した製品だ。この製品は日付、時刻、温度、湿度を表示する機能に加えて、空気中のPM2.5やホルムアルデヒドの濃度を測定する機能も搭載している。PHICOMM AM1も京東のクラウドファンディングで開発された製品で、購入希望者を募集中。価格は799元(約1万4000円)となっている。

 また、旅行先に持っていきたいものとして金賞を受賞した電源タップ「TPLUG P1超薄挿線板」も紹介したい。北京元隆雅図文化伝播というメーカーが開発した製品で、2又と3又を兼用する差し込み口とUSB端子が2つずつ用意されている。評価ポイントは本体部分を17.5mmまで薄くしたデザインで、本体側面のスイッチをスライドさせると差し込み口がせり上がってシャッターが開くギミックも面白い。「Ultra-thin USB Travel Power Plug」という英名そのままの製品だ。

 北京一英里科技が設計した「光環微電折畳車」は、なんと折り畳める電動自転車。重量15.5kg、最高時速25km、3時間の充電で35kmの走行が可能といったスペックはさておき、その折り畳みのギミックはインパクト抜群だ。価格は5699元(約9万9000円)。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す