図鑑の生物に「なれる展」 ダンゴムシになれるってどういうこと?(日経トレンディネット)



 東京・お台場の日本科学未来館で11月末に始まった企画展「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」(以下、MOVE 生きものになれる展)。DVD付き図鑑「講談社の動く図鑑MOVE」シリーズに登場する生きものになって、そのスゴ技を体感しようというものだ。バシリスクやペンギン、ダンゴムシといった生きものになれるというが、ダンゴムシになるとはいったいどういうことなのか? 体験してきた。

【関連画像】ダンゴムシスーツを着てダンゴムシになる

水の上は歩きやすい?

 会場に入ってまず目につくのが「ワンダー・ジャングル」。ここでは、水上を走ることができるという爬虫類、バシリスクのスゴ技を体験できる。靴を脱いで壇上に上がると、そこには水たまりが。よく見るとそれは透明で巨大なウォーターベッドのようなもので、その上を駆け抜けてバシリスク気分を味わおうという仕組みだ。

 早速チャレンジしてみたが、慎重にゆっくり進もうとするとブヨブヨする水に足を取られて想像以上に進みにくい。勢いよく駆け抜けるほうがいいとのことで、大人より子供の方がうまくできそうだ。波の上を揺れながら走っているような感触が面白い。

 展示の中には、動く図鑑MOVEのようにバシリスクがどんな生きものなのかの説明やスゴ技の紹介、クイズがあるので、体験すると同時に知識も深められる。ほかのゾーンにも同様の説明があって待ち時間も楽しめる。

●ダンゴムシは癒やしの空間

 続いて向かったのが、ダンゴムシになれるという「スモール・ガーデン」。ここではダンゴムシになれるスーツを着て、丸まって落ち葉の中に潜ることができる。これがとても落ち着く。世間から遮断されて暗く狭く静かな闇の世界に包まれている感覚が心地良くて安心する。アリ役の人につついてもらうのも楽しい。このスーツ、市販したら売れる気がする。

●なすすべなくサメに食べられる

 「サバイバル・オーシャン」では、ペンギンになれるスーツを着て、ペンギンのように滑り降りるというもの。その先には古代の巨大サメ、メガロドンが口を開けて待っていて、途中で滑るのをやめようと思っても止まれるわけもなく、なすすべなく食べられてしまう。口の中が少しリアルっぽく作ってあって不気味だ。これがサメに食べられるときのペンギンの気持ちなのか……とペンギンの大変さが身にしみる。滑り台は広いので、親子でいっしょに滑ると楽しいだろう。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す