スマホをパソコンに変えるドック 戦慄するほど実用度高い(日経トレンディネット)



 のっけから恐縮だが、今回の記事は、僕としてはとても複雑だ。サムスン電子のドック「DeX Station」は、テレビやモニターにつなぐと、本体にセットしたGalaxyシリーズ(S8、S8+、Note 8)がパソコンのように動作するという製品。ファーウェイも同様の製品を投入しているので、スマートフォンをパソコン的に使うのがトレンドになりつつあるのだろう。実際に使ってみたところ、これが案外、普通に使えてしまった。となるとパソコンが要らなくなる日も近そうで、パソコンを愛している僕はちょっと悲しい気持ちになるのだ。

【関連画像】モニターと接続したところ。端末は操作不能になる

 さて、個人的な感傷に浸っていても仕方がないので、早速レビューしていこう。DeX Stationの本体は中央が膨らんだ円筒形で、ぱっと見では、端末をセットできるとは思えない。ところが、天板をスライドすると、ドックが現れるという、なかなかしゃれたデザインだ。この形なら持ち歩くのにも邪魔にならないし、見た目も美しい。

マウスとキーボードは必要だ

 DeX Stationは、HDMIケーブルでテレビやモニターに接続し、端末をセットすればいいのだが、HDMIケーブルは付属しないので自分で用意する必要がある。

 また、マウスとキーボードも必須だ。DeX Stationにセットしているときは、端末の画面は真っ黒でタッチ操作もできなくなるからだ。Bluetooth接続のマウスやキーボードが利用できるほか、DeX Station本体のUSBポートに接続してUSBマウス、キーボードも利用できる。

 僕の場合は、手元にあったBluetoothマウスは、最初の接続時になぜかうまく動かなかったのでUSBレシーバーを利用するワイヤレスマウスとBluetoothキーボードを利用した。

まったく迷わずに利用可能だ

 さて、肝心の使い方だが、Windowsパソコンを利用したことがある人なら、まず迷うことはないだろう。左側にはアプリのアイコンを選択するメニューがあり、右側には各種の機能がボタンで並ぶ。画面下には、起動しているアプリなどのリストが表示されるのだが、これもWindowsのタスクバーそっくりだ。

 パソコンとスマートフォンのOSをうまく融合したようなイメージで、操作はとても分かりやすい。驚いたのが動作速度で、特にストレスを感じることなく複数のアプリを使えてしまう。文字入力についても、ストレスを感じるほどの遅延はなかった。これなら十分に使える。

 感心したのは、スマートフォンであるが故の便利さだ。当たり前だが、スマートフォンは既にインターネットにつながっているので、ネット接続を意識する必要がなく、DeX Stationにセットすれば、すぐにメールの送受信もできるし、ブラウザーも利用できる。自宅では特に意味がないかもしれないが、外出先で使う際にはこのメリットは非常に大きい。ホテルなどで無線LANを探す必要もなく、テザリングの手間もかからないのだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す