「CASH」対「メルカリNOW」 即時買取アプリ競争勃発(日経トレンディネット)



 「実は1日当たりの買取金額の上限を従来の1000万円から引き上げている。詳細な金額は明かせないが、我々のほうが圧倒的に多くの物を買い取っている」

【関連画像】メルカリ参入に先駆け、買取金額の上限を増額した「CASH」

 こう明かすのは、スマートフォン向けに即時買取アプリ「CASH」を展開するバンク(東京都渋谷区)の光本勇介社長だ。光本社長の言う「我々のほうが」、その比較対象はメルカリである。メルカリは11月27日、フリーマーケットアプリ「メルカリ」に即時買取サービス「メルカリNOW」を追加した(関連記事)。メルカリNOWは、1日に買い取る金額の上限を1000万円と設定している。

 CASHとメルカリNOW、いずれも売りたい物の写真をアプリで撮影するだけで査定額が提示されて、承諾すれば即入金されるサービスだ。売却後、アプリに登録済みの自宅に集荷にきた宅配業者に、売却した物を引き渡して取り引き完了となる。両者が買い取る商品はファッション関連の物が中心。CASHは加えて、iPhoneなどの一部の電化製品も買い取る。「ファッションについては、世の中にある大半のブランドは買い取り対象になる」(光本氏)。

 査定額はそれぞれ異なるデータから算出する。CASHは独自で構築したデータベースを基に、メルカリNOWはこれまでメルカリ上で過去に売買されたデータを基に適切な査定額を自動算出する。また、メルカリNOWは買取後に一旦、メルカリ内での買い物に使えるポイントとして付与するため、やや仕組みが異なる。ただサービスの本質は同じだ。

 この即時買取アプリという新しい市場において、「1日の買い取り金額の上限額が競争における1つのポイントになる」と光本氏は言う。メルカリはダウンロード数が国内だけでも6000万件を超えている。その6000万人の利用者に対して「1000万円の予算は一瞬で使い切ってしまうはずだ」(光本氏)。事実、メルカリNOWはサービス開始後、アクセス殺到によりわずか17分でサービスの一時停止に追い込まれている。

 実はCASHも以前は1000万円を、1日の買取金額の上限に設定していた。そのため、メルカリはこれを参考にした可能性が高い。しかし、バンクの光本氏は大手ネット企業の新規参入をにらみ、いち早く上限を増額する手を打っていたというわけだ。「十分に買い取り機会のあるサービスのほうが満足度が高いはずだ」(光本氏)。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す