一家に1台、ロボット、AIミラーが入る時代が来る!?(日経トレンディネット)



 家電ティーチャーの奈津子です。これからは一家に1台、ロボットを所有する時代になる――そんな時代を予兆させるような最新技術動向を取材してきました。千葉県の幕張メッセで10月初旬に開催された家電製品関連の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」です。自分たちの生活を変えてくれそうな未来の家電たち。AI(人工知能)を搭載したスマートミラーなどは、ゴルフのスイングもチェックしてくれるんですよ!

【関連画像】NECパーソナルコンピュータの「スマートミラー」

 NTTドコモグループのブースでは、シャープの液晶ディスプレイを用いた8K映像によるパノラマVR(仮想現実)技術を参考展示していました。VRはもちろん、4Kですら一般的には完全に浸透しきっていないのですが、そのさらに上をいく「8K/VR」というのは未来感がすごいですね。ユーザーが見る方向に合わせて8Kの映像を表示するのは相当大変そうですが、視界に映っている部分だけを高解像度で表示することで処理速度の問題をクリアしているそうです。

 体感した映像は、鴬谷に実際にある「キネマ倶楽部」というライブ会場で10人ほどのダンサーが輪になって(ユーザーを取り囲むような形で)踊る映像。このステージにはアイドル時代に私自身も立ったことがあり、VR内の映像から感じられる空気感や光の印象が再現されていることを実感できました。ダンサーの細やかな手先・足先の表現、深みのある表情がしっかりと堪能でき、確かに4K映像を用いたVRよりも繊細さが感じられます。

 少し残念だったのは、会場内のVRゴーグルの設定が、視力1.0程度の人向けにされていたこと。自分は視力が2.0あるので(笑)、たまにぼやけたりしました。ゴーグルのサイズや重さ、使い勝手の点ではしばらく課題が残りそうですね。

ロボットの暮らしは当たり前になるのでしょうか?

 NTTドコモグループのブースでは、コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」と、トヨタ自動車が開発している生活支援ロボット「HSR」が連携するデモを行っていました。Sotaはシャープの「RoBoHoN(ロボホン)」と同様にロボットクリエイターの髙橋智隆さんがデザインを担当しているだけあって、愛らしい顔つきと親しみのある配色がどことなくロボホンと似ています。

 Sotaにお願いすると、HSRが棚に置いてあるペットボトルを器用につかんで、決められた場所まで運んでくれました。まだまだ動作はおっとりしているものの、動きはとてもスムーズ。今後進化して普及していけば、介護や医療、子育てなど幅広い活用が期待できます。

 パナソニックのブースでは、幼児向けソーシャルロボット「Cocotto(ココット)」が大きなスペースを取ってデモを行っていました。ボウリングの玉のようなまん丸としたフォルムに、さまざまな表情が出てくるところが楽しいです。

 「動く・話す・繋がる」で感受性が育まれるとのこと。実際には体験できなかったのですが、ユーザーに寄り添うように転がってくることもできるのだそうです。アレルギーや物件の都合などでどうしてもペットを飼育できない家庭にピッタリかもしれません。

 シャープのブースでは、新型ロボホンがかわいらしいダンスで迎えてくれました。最初に登場したロボホンはSIMを挿入してスマートフォンとして使える「ロボット型スマートフォン」でしたが、新型ロボホンはモバイル通信を省略したWi-Fiモデルで、価格は13万8000円。手軽に買える価格ではないですが、今までよりもロボホンが身近になっていくためのステップを踏みはじめた感じですね。

 CEATEC会場では、スピーカーから流れる音に合わせてロボホンが動くというデモを行っていました。Wi-Fiが届きにくい展示会場やスタジアムなどの大きな施設でも、スピーカーから流れる音に操作命令を人には聞こえない音で埋め込むことで、一斉に動かすこともできるのだとか。

 個人向け用途の場合はSIMが使えることは重要な要素でしたが、企業や自治体などが大量に導入して訪問者や訪日観光客に対応する……といった使い方を考えると、Wi-Fiモデルの登場はうれしいところ。過疎地や、観光客を1人でも多く取り込みたい自治体は、いち早く導入して観光の目玉としてピーアールしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す