UQ mobileの新機種が激減のワケ 照準を絞った端末戦略(日経トレンディネット)



 KDDI傘下のUQコミュニケーションズ(東京都港区)は2017年10月23日、新機種・新サービスの記者向け体験会を実施した。そこで発表されたスマートフォンの新機種は国内メーカーの低価格モデルのみ。一見すると地味ではある。だが、この発表が大手携帯電話事業者(キャリア)の端末戦略の今をよく表している。NTTドコモやソフトバンクなど、他の大手キャリアも国内メーカーを起用した安心かつ低価格スマホの提供に注力し始めている。各社に共通する狙いは50代以上の開拓だ。

【関連画像】UQ mobileの新機種の1つ「AQUOS sense」。すでにNTTドコモやauからの発売が発表されているモデルだ。写真は10月23日のUQコミュニケーションズ・新商品タッチ&トライ会より

●UQ mobileの新機種は国内メーカー2機種

 UQコミュニケーションズの発表会で注目を集めたのは、やはりモバイル通信サービス「UQ mobile」向けに提供される2つのスマートフォン新機種である。1つはシャープ製の「AQUOS sense」。安価なモデルながらフルHDのIGZO液晶ディスプレイを搭載するなど、コストパフォーマンスの高さと使い勝手の良さを両立している点が特徴だ。すでにNTTドコモやKDDI(au)からの発売も決定している。

 そしてもう1機種は、富士通コネクテッドテクノロジーズ(神奈川県川崎市)の「arrows M04 PREMIUM」だ。こちらは、同社がMVNO(仮想移動体通信事業者)などに向けて提供しているSIMフリースマホ「arrows M04」の上位機種である。

 変更点はarrows M04と比べてメモリーを2GBから3GBへ、ストレージを16GBから32GBへと増強していることが挙げられる。さらにUQ mobileオリジナルのカラーとしてレッドが追加された。

 これらの端末はいずれも発表済みのモデルで、多少の違いがある程度で驚きはない。しかも昨年の同時期には12機種もそろえていたことを鑑みると、大幅にトーンダウンしたようにも見える。

機種数減少の背景に人気機種の偏り

 UQコミュニケーションズが、販売する機種数を増やす方針から一転して絞り込む方針へと転換したのはなぜだろうか。その理由は今年の春商戦で販売した機種の販売シェアを見ることで浮かび上がってくる。

 UQ mobileでは昨年の10月から11月にかけて8機種を投入するなど、ラインアップの拡大を重視する戦略をとってきた。ところが、わずか3機種で昨年末時点における同社の端末販売シェアの6割を超えたのだという。その3機種とはシャープの「AQUOS L」、ファーウェイの「HUAWEI P9 lite PREMIUM」、そしてアップルの「iPhone SE」である。多くのラインアップをそろえたものの、特定の機種に人気が集中する傾向が堅調に表れたわけだ。

 そして今年9月時点では、iPhone SEとP9 lite PREMIUM、そしてAQUOS Lの後継モデル「AQUOS L2」の3機種で約7割の販売シェアを占めるにまで至ったとのこと。一部の機種に人気が集中する傾向の加速が、同社の機種数を絞り込む端末戦略に大きく影響していることがうかがえる。

 さらに、この3機種がどういった層から支持を得ているのかを細かく見ることで、今回の端末戦略をより深く読み取れる。UQコミュニケーションズの説明によると、AQUOS L2とiPhone SEは男女問わず広い層に利用されているものの若干違いがあり、AQUOS L2はやや年配の層、iPhone SEは若い層に利用者が多いという。またP10 lite PREMIUMは、若い男性層が中心とのことだ。

 UQ mobileの利用者のボリュームゾーンは30~40代だが、同時に20代より下の世代に圧倒的な人気のiPhoneをラインアップに持つ。そのためMVNOなどと比べると若い世代に向けた強みは十分に持っている。新機種ではまだ手薄となっている50代以上の年配層を狙う。UQコミュニケーションズは通信料金を安くする代わりに、端末価格をあまり値引かず販売する戦略をとっている。だから端末も元々4万円を超えない低価格のラインアップが主体だ。また同社によると、年配層は日本メーカー製である安心感へのニーズが高いという。

 そこで同社は今年に入ってから、年配層向けの日本メーカー製ラインアップを急拡大しており、今回の発表でも日本のメーカー製で、なおかつ防塵・防水にも対応しながら低価格の2機種をそろえた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す