格安スマホを「キッズスマホ」にするには? 見守りサービスを試してみた(日経トレンディネット)



 子供にスマートフォン(スマホ)を持たせる際、いわゆる「キッズスマホ」が第一候補となる。キッズスマホであれば「スマホの利用制限」「ウェブサイトのフィルタリング」「位置情報の検索」といった、子供を見守るための機能を備えているからだ。

【関連画像】制限する時間帯は平日と土日のそれぞれ1時間単位で指定できる(左)/制限中でも使えるアプリを指定することも可能(右)

 しかし、キッズスマホは大手携帯電話会社やごく一部のMVNO(仮想移動体通信事業者)しか提供しておらず、料金コースや端末の選択肢が少ない。そのため、通信コストやスマホ端末代が安い「格安スマホ」を子供に持たせる保護者が増えている。とはいえ、ほとんどの格安スマホは子供を見守るための機能に乏しく、子供に持たせるには、一工夫が必要だ。

 解決策の一つになるのが、見守りサービス「スマモリ」(ジランソフト・ジャパン)。今回はスマモリを使って、格安スマホをキッズスマホに仕立てる方法を紹介しよう。

そもそもスマモリってどんなサービス?

 スマモリとはAndroid専用の見守りサービスだ。利用料は見守るスマホ1台につき月額400円(税込み)。これで「スマホの利用制限」「ウェブサイトのフィルタリング」「位置情報の検索」のほか、親子間専用のメッセージ機能や、子供がどのようにスマホを利用しているのか確認できるレポート機能などを利用できる。

 スマモリを使うには、まず、子供のスマホに子供用アプリ(フィルタリング対応ブラウザーを兼ねる)をインストールして、スマモリのアカウントでログイン。見守り機能は、親のスマホに保護者用アプリをインストールするか、パソコンのブラウザーからスマモリのユーザーページにログインして、設定すればいい。

 それでは、各機能の設定や利用方法について、順を追ってチェックしてみよう。

●●スマホの利用制限を設定する

 最初に紹介する機能が利用制限。利用制限とは、スマホを使える時間帯や使ってもいいアプリをあらかじめ決めておき、スマホの使用を制限する機能。例えば、スマホを使っていい時間帯は朝8時から夜10時まで、使えるアプリは連絡に必要なLINEと電話だけ、といった具合だ。

 時間帯の制限は、「平日」と「土日」それぞれ1時間単位で指定できる。授業のある日と週末、平日でも塾がある日とない日とで異なる生活パターンにも対応できるわけだ。

 アプリの制限では、「アダルト」や「出会い系」といったカテゴリーごとに一括で遮断する自動設定と、アプリを個別に許可・禁止する手動設定が利用できる。大まかな禁止ジャンルを自動設定で決めておき、特定のアプリについては手動で設定するといいだろう。

 また、アプリ内課金をブロックする設定もあるので、適宜設定するといい。

●●ウェブサイトのフィルタリングを設定する

 2つ目に紹介するのが、子供が見るには不適切なウェブサイトの閲覧を制限する「フィルタリング」。トラブルにつながる可能性がある掲示板やSNS、暴力や性的な内容が記されたウェブサイトなどをジャンルごと指定したり、特定のウェブサイトをピンポイントで指定したりできる。

 スマモリのフィルタリング機能は、先に触れたアプリの利用制限と同様に、独自のカテゴリー分類による自動設定と、個々のサイトごとに許可・禁止を決められる手動設定が利用できる。

 ただし、フィルタリングが確実に働くのはスマモリの子供用アプリでウェブサイトを閲覧する場合のみだ。Chromeなど他のブラウザーではフィルタリングが効かない場合があったり、スマモリのフィルタリング機能が対応していなかったりする。子供用アプリをインストールするとデフォルトのブラウザーとして設定されるが、念のため、アプリの利用制限を使い、スマモリ以外のブラウザーを禁止しておきたい。

●●位置情報の検索機能を利用する

 3つ目が位置情報。位置情報を使えば、スマホの現在地から子供の居場所を把握できる。塾通いの子供がちゃんと通学しているか、帰りが遅いときにどこにいるのかなどをチェックするのに役立つ。

 ただし、調べられるのは今いる場所のみ。移動経路を追跡して、過去の時間帯にどこに立ち寄ったかなどをチェックすることはできない。

●●スマホの利用状況を把握する

 最後が、子供がどのようにスマホを利用しているのかモニタリングする機能だ。スマホ全体の利用時間や、アプリごとの利用時間・回数、閲覧したウェブサイトのURLなどをチェックできる。

 モニタリングレポートの画面から使いすぎているアプリの利用を禁止したり、安全なウェブサイトの表示を許可したりすることも可能だ。

Related Post





コメントを残す