G-SHOCK風アクションカメラ、ゴツくて重いがそそられる(日経トレンディネット)



 アクションカメラ(耐初撃や防水・防塵機能を備えたビデオカメラ)は、すっかり1つのジャンルを確立したようだ。今回は、カシオ計算機から登場したタフなアクションカメラ「G’z EYE(GZE-1)」(実勢価格4万6000円)をレビューする。なお、利用しているアプリはまだ開発版なので、製品版とは挙動が異なる可能性があることをご承知おきいただきたい。

【関連画像】G’z EYEは、まるでG-SHOCKのようなデザインだ

 G’z EYEのデザインは、見るからに頑丈そう。かなり特徴的な外観だが、これは単にG-SHOCKをモチーフにしているわけではなく、機能や性能の表れだ。落としても球形のレンズが地面などに当たらないように保護する形状になっている。とがった岩の上などに落としたりしなければまず大丈夫だろう。

 すべてのボタンが押し込むタイプなのは、誤動作を防ぐため。それぞれのボタンにガードが付いているので、他の荷物と一緒にかばんなどに入れておいても、いつの間にかスイッチが入っているようなことはないはずだ。

 「タフネスギア」といううたい文句の通り、アウトドアやスポーツシーンでガンガン使えるのがG’z EYEの最大の魅力だ。耐衝撃は落下4m、防水は水深50mまで対応し、防塵はもちろん、マイナス10度の低温にも耐える。ダイビングやサーフィン、スノーボードなどでの撮影にも問題なく使えるのだ。

ゴツくて重いので邪魔になる可能性も

 樹脂の質感はとても素晴らしく、金属のボタンは硬くて冷たい手触りがとても男心をくすぐる。ビスの周囲などにはスリットが刻まれていて、グリップ性能を向上させているという。ある意味で過剰なデザインとも言えそうだが、そこには長年G-SHOCKを作り続けてきたカシオだからできる、“そそる”ヘビーデューティーさがある。

 内部構造にもこだわっていて、ボディーは衝撃を吸収するウレタンバンパーでカバーされているという。また、背面にはステンレスのパネルが貼られていて、かなり高級感がある。

 ただ、かなりゴツくて重いのが気になる。本体は74.1×75.0×46.4mmと大きく、電池とメモリーカードを含むと172gという重量なのだ。見た目にはそそられるのだが、38.2mm角で74gの「GoPro HERO4 Session」などと比べると相当に大きくて重い。装備の多い登山などはいいが、軽量化が重要なランニングなどでは邪魔になるかもしれない。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す