チャック・ノリスが共産主義を倒した? 東欧の衝撃作『チャック・ノリスvs.共産主義』 佐々木健一「TVクリエイターのミカタ!」(日経トレンディネット)



「エンターテインメントは、世界を変える」

 そのことを実感させてくれる作品がある。タイトルは、『チャック・ノリスvs.共産主義』(2015年)。日本での上映はなく、DVDレンタルもされていない。現在、Netflixでのみ見ることができるルーマニアのドキュメンタリー映画だ。「夏休み中に何か思い出に残るような一作を見たい!」というならぜひ、この作品をオススメしたい。

【関連画像】チャック・ノリスが共産主義を倒した? 東欧の衝撃作

 まず、「チャック・ノリス」と聞いて胸が熱くなるのは、私と同じ40歳以上の男性がほとんどだろう。1980年代、シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーと並んで“アクション・スター御三家”の一人に数えられた人である。

 しかし、時代の移り変わりと共に、彼はインターネット世代の間で交わされるジョークの対象となった。いわゆる“チャック・ノリス・ファクト(チャック・ノリスの真実)”と呼ばれる、常識外れの強さや完璧さを語るジョークだ。

「チャック・ノリスは、腕立て伏せをするとき、自分の体を押し上げるのではない。世界を押し下げるのだ」

「チャック・ノリスは呼吸するのではない。空気を人質に取るのだ」

「チャック・ノリスは死を恐れてなどいない。死が彼を恐れているのだ」

 定型文に当てはめ、彼の偉大さを過剰に称えるジョークは、最近の日本でいえば、「大迫半端ないって」に近いだろうか。2000年代半ば以降、「チャック・ノリス」の名は、彼が活躍した80年代を知らない若者の間でも“伝説”(ネタ)として語られるようになり、全米はおろか、世界中に拡散した。

 そうした背景があって付けられた『チャック・ノリスvs.共産主義』というタイトル。だが、本作はれっきとしたドキュメンタリー作品だ。当然、彼が一人で共産主義と闘う物語ではない。正しくは、「ハリウッド映画が独裁政権を打ち倒した」という話なのである。

チャック・ノリスも彼を拷問するベトナム兵も同じ女性の声

 本作で描かれるのは、ニコラエ・チャウシェスクの独裁政権が続く1980年代の東西冷戦期のルーマニア。配給による食糧も乏しく、人々は貧しく、暗い生活を続けている。共産主義国のルーマニアでは、西側メディアの娯楽作品の鑑賞も厳しく禁じられていた。

 そんな中、人々の間にはひそかにハリウッド映画の海賊版VHSテープが出回り、夜な夜なマンションの一室などで鑑賞会が開かれていた。ビデオの画質は度重なるダビングで劣化し、吹き替えはいつも同じ女性の声。例えば、チャック・ノリスの声も、彼を拷問するベトナム兵の声も、すべて同じ一人の女性が弁士のように何役も演じていたという。

 このドキュメンタリーに登場するのは、いずれも名もなきルーマニア市民だ。彼らの共通点は当時、地下流通していたハリウッド映画の海賊版を見ていたということ。誰もが興奮気味に、その初々しい映画体験を熱く語る。

 シルベスター・スタローン主演の『ロッキー』(1977年)を見た後には、全身に力がみなぎり、早朝にランニングする若者が街にあふれた。アル・パチーノ主演のカルト的傑作『スカーフェイス』(1984年)で、豪勢な食事が並ぶテーブルの上に俳優が投げ飛ばされる様子を見て、「西側諸国はなんて豊かなんだろう」と驚いたという。映画で見たローマ皇帝・暴君ネロと独裁者チャウシェスクの姿が重なって見えたと証言する者もいた。

 人々は、ノイズだらけの画面の向こうに、次第に憧れや希望を抱くようになった。ハリウッド映画を通して「自由」という概念を知るようになったのだ。だが、政府の監視は厳しく、近隣住民が集まって行われる上映会は度々警察に踏み込まれ、連行される者が後を絶たなかった。だが、そんな危険を冒しても、人々は映画を求めた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す