仮想通貨の遺品は遺族にとって天使にも悪魔にもなる 知らずに死ねるか! デジタル終活のすすめ(日経トレンディネット)



自分がもし死んだら、家族がもし亡くなったら、そのパソコンやスマホのデータ、ネット銀行やSNSのようなオンラインサービスのデータなど、残されたデジタルデータはどうなってしまうのか? どんな備えをしておくべきなのか? そんな「デジタル終活」について、デジタル遺品研究会ルクシー代表理事の古田雄介氏が解説していく。

【関連画像】日本デジタル終活協会代表 伊勢田篤史弁護士

 「亡くなった旦那が仮想通貨をやっていたらしく、最近値上りしているので、調べて相続したい」(関東在住の女性、30代)

  データ復旧会社・デジタルデータソリューションに届く仮想通貨関連の相談はここ半年間でおよそ50件で、遺品事案に限らず顕著に増加しているという。内容は、ブロッグチェーンの秘密キー忘れや、リップルトレードのまま移行を忘れたことによるパスワード失念など様々だ。

 同じことを筆者が所属するデジタル遺品研究会ルクシーのメール相談でも感じている。国民生活センターと消費生活センターに届く仮想通貨絡みのトラブル相談も、2017年度には昨年度比3倍増の2666件となっており、世間の関心の高まりとリンクしているようだ。

 では、仮想通貨を所持した人が亡くなった場合、どんなことが起こりうるのだろう?

 日本デジタル終活協会代表の伊勢田篤史弁護士は「仮想通貨は、デジタル遺品のなかでいま一番危ない存在かもしれません」と警鐘を鳴らす。

 「いわゆる“億り人”(仮想通貨で億単位の資産を所持している人)になった方が亡くなると、亡くなった時点での評価額で相続税が計算される可能性が高いといえます 。遺族が仮想通貨のことを知らないでいた場合は、突然数千万円単位の税が課せられる可能性があります。さらに、家族が仮想通貨にアクセスできないとしたら最悪の事態になりかねません」

※紹介する事例はプライバシーを保護するために、本筋を損ねない範囲で脚色を加えています。

仮想通貨のデジタル遺品が危険な理由

 仮想通貨は、資金決済法が2017年6月に改正されるなどして、現在は相続税の対象とみなされるという見解が一般的になっている。

 相続税は3000万円+法定相続人数×600万円の基礎控除を超えた分の財産が対象。1億円相当の仮想通貨を残して亡くなった“億り人”に3人の相続人がいた場合、1億円-(3000万円+3×600万円)=5200万円が対象になる。他の財産があればそれらが足されて対象額はさらに大きくなる。

 こうしたリスクはネット銀行やネット証券に残した“法定通貨”の資産と基本的には変わらない。やっかいなのは、価値の変動が激しいことと、非常に見つけにくいところだ。

 仮想通貨の変動の激しさは日々報じられているとおりだ。死亡時に1億円相当の価値があっても、1週間後に日本円に換金したときに相続税分以下に下がっているということもタイミングによってはありえる。

●仮想通貨をやっている人が心掛けるべきこと

 見つけにくさは、管理方法が一般的な金融口座と異なることが要因のひとつだ。仮想通貨は持ち主がそれぞれのウォレット(財布)で管理するが、その置き場所はネット上(ウェブウォレット)だったり、スマホ内(モバイルウォレット)、パソコン内(デスクトップウォレット)、紙(ペーパーウォレット)、専用端末(ハードウエアウォレット)などさまざまだ。遺族はウォレットの場所とパスワードを知らないと、残された仮想通貨にアクセスできない。

 また、仮想通貨取引所や商取引を経由せず、マイニング作業の報酬として獲得している場合もあり、全容を把握するのはかなり難しい。こうした理由に加えて、仮想通貨業界全体で相続に関するルールが整備されていないことも難しさに拍車をかけている。

 こうした状況を受けて、伊勢田弁護士は「へそくりであっても、自分に万が一のことが起こったときにウォレットの場所やパスワードが家族にきちんと伝わるように、意識しておくことが大切です」と強調する。

 “億り人”の相続で大問題が発生したという事例はまだ聞かない。発生してもレアケースではあると思うが、そのレアケースの当事者にだけはならない(させない)ように気をつけたい。

古田 雄介(ふるた ゆうすけ

1977年生まれ。建設業界と葬祭業界を経て2002年にライターへ転職し、テクニカル系の記事執筆と死の周辺の実情調査を進める。「古田雄介のアキバPick UP!」(ITmedia PC USER)、「インターネット跡を濁さず」(d.365)、「ネットと人生」(インプレス シニアガイド)などを連載。著書に『そこが知りたい! デジタル遺品』(技術評論社)、『故人サイト』(社会評論社)など。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す