富士通のノートPCが7万3999円、iPhone SEは底値? 価格情報・週末が狙い目(日経トレンディネット)



5/31(木) 21:51配信

日経トレンディネット

【編集部より】記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、『週末が狙い目』では例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。

【関連画像】今週は富士通ノートPC「LIFEBOOK U937/R」が狙い目

 今週はモデルチェンジの影響ということもあり、掘り出し物が目立つ。特にSkylakeやKeby Lake世代のノートPCが狙い目だ。

 GENO QCPASSに入荷していたのは、富士通ノートPC「LIFEBOOK U937/R」。2017年夏モデルの中古品が早くも複数台入荷していた。重さはわずか819gで、Kaby Lake世代のCore i5-7300U(2.6GHz)を搭載。ストレージは256GB SSDで、13.3型ワイドのフルHD液晶ディスプレーを備えるという充実のスペックだ。価格は税別7万3999円。法人向けモデルを整備済みのメーカー再生品として格安に仕入れられたとのこと。つい1年前まで25万円以上したハイエンドモデルを、中古品とはいえ7万円台で入手できるのだから検討の余地はあるだろう。

 PCコンフル秋葉原店でも法人向けモデルがお買い得。中古品のデルのノートPC「Latitude E5470」が4万4800円だった。こちらはSkylake世代のCore i5-6200U(2.3GHz)をベースに14型ワイドのフルHD液晶ディスプレーを搭載するなど、ビジネス用途に使いやすいスペックのWindows 10 Proモデルだ。在庫は約30台を用意したとのこと。

 法人向けモデルは知名度が低いため、中古市場で値崩れしやすい。ひと昔前まで法人向けパソコンといえば見た目も無骨な印象だったが、最近は一般向けとそん色のない、デザイン性に優れたモデルが増えてきた。富士通やデルの法人向けモデルの中古品は、スペックの充実した掘り出し物を見つけたいなら狙い目だ。

 スマートフォンではアップル「iPhone SE」の値下がりが目立ってきた。新型モデルの発表がうわさされるなか、中古ショップでは2万円を切るケースも。TOKKA!バザール2号店では、SIMフリーの「iPhone SE 32GBモデル」(中古品)を、通常1万9800円のところ1万8800円で販売する(限定1台のみ)。

 PCパーツもストレージ関連にお買い得なセール品が見つかった。TOEI LANDでは週末セールの目玉として、KLEVVの480GB SSD「D480GAA-N600」を9970円(新品)で販売する。大容量480GBモデルのSSDが税込みで1万円を切るのはこれが初めてかもしれない。パソコンショップアークでは創立19周年を記念したオトクなセールを開催中で、こちらも見逃せない内容だ。

(文・写真/白石 ひろあき)

【関連記事】

Related Post



コメントを残す