Android 8.0アップデートでスマホが使いやすくなった 戸田 覚のPC進化論(日経トレンディネット)



5/24(木) 12:00配信

日経トレンディネット

 2017年8月にリリースされたAndroid 8.0がここへ来てようやく普及しつつある。アップデートに対応する機種も増えているので、今回は僕が便利だと思った機能をかいつまんで紹介していきたい。

【関連画像】再度通知する時間は、15分後、30分後、1時間後、2時間後から選べる

 最近のAndroidはメジャーアップデートでも目立つ機能はあまり追加されていない。Android 8.0になったことに気づかず、見逃している人も多いかもしれないが、それではちょっともったいない。便利な機能を意識的に使ってこそ、アップデートの価値があるというものだ。

 執筆に際しては、僕が愛用しているGalaxy S8+を使っているが、機種によって画面の構成などが異なる。Android 8.0への対応機種は、各携帯キャリアのウェブサイトなどで確認できる。

●通知のスヌーズがなにげに便利

 そもそも皆さんはAndroidの通知をどの程度、活用しているだろうか? 僕はこれは非常に便利だと思っている。打ち合わせなど、スマホを見られない間に届いた情報をまとめてチェックできるからだ。最近はコミュニケーションの手段がやたらに増えており、メールはもちろん、LINEやFacebookなどのメッセージアプリ、ビジネス用のチャットも仕事で利用している。さらに、電話の着信もあるので、いちいち個別のアプリを開かなくても分かる通知が手っ取り早い。

 Android 8.0でも通知の基本機能は変わらないのだが、通知にスヌーズの設定ができるようになったのがなにげに便利だ。スヌーズを設定すると、15分後、30分後、1時間後、2時間後のいずれか指定した時間が経過した後に再度通知が届く。例えば、メール受信の通知が表示され、今でなくてもいいけれど、後で確実にこのメールに返信したい、といったときに、スヌーズの設定をしておけばいいわけだ。

 話はそれるが、もし通知が増えすぎて鬱陶しいという場合には、専用アプリ「ノーティセーブ」を使うといい。このアプリでは、カテゴリごとに通知を分類できる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す