格安スマホは安くない? それなら何が「格安」なのか(日経トレンディネット)



5/11(金) 8:00配信

日経トレンディネット

 生活に欠かせないスマートフォン(スマホ)。スマホが登場した頃は、ケータイ(フィーチャーフォン)と同様に大手携帯電話会社から購入するのが当たり前だった。

【関連画像】人気機種となったASUSの「ZenFone 5」(2014年に登場したモデル)

 現在では、携帯料金を削減するため、仮想移動体通信事業者(MVNO)が提供している通信サービス「格安SIM」とSIMフリースマホとをセットにして販売している「格安スマホ」を選ぶ人が増えている。

 だが、大手携帯電話会社から格安スマホに乗り換えたとしても、思ったほど節約にならなかったり、反対にコストが上回ったりしてしまうこともある。

 そこで今回は、格安スマホとはそもそも何が「格安」なのか、大手携帯電話会社よりも本当にお得なのかを改めて考えてみたい。

格安スマホといっても端末は安くない!?

 普及拡大のきっかけは、2014年4月にイオンリテールが日本通信の格安SIM「b-mobile」とGoogleのSIMフリースマホ「Nexus 4」のセットを数量限定で販売したことだった。「格安スマホ」という呼び名も、この頃から広まり始めた。

 同年11月には、エイスーステック・コンピューター(ASUS)が日本において「ZenFone 5」の販売を開始。自社の通信サービスとセットで販売したMVNOも多く、一躍人気機種となった。

 現在では、4年前に比べて格安スマホの選択肢が大幅に広がっている。人気が集まりやすいのは「nova lite 2」(ファーウェイ)や「ZenFone 4 Max」(ASUS)といった、コストパフォーマンスに優れた2万円台~3万円台の機種。これは、2014年のZenFone 5から続く流れだ。

 その一方で、AI(人工知能)を内蔵したハイスペックな「Mate 10 Pro」(ファーウェイ)や、赤外線カメラを備えたタフネススマホ「CAT S60」(CAT)のように、税込で8万円を超えるようなSIMフリースマホも格安スマホとして販売されるようになった。また、mineoなど、アップルの「iPhone」シリーズを格安SIMとセットで販売するMVNOも現れている。選べるのは旧モデルのこともあるが、「格安スマホ」といったところで、必ずしも安いスマホ端末ばかりではないのが実情だ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す