お買い得品集結 アマゾン家電カテゴリーの人気商品 売り場直送!家電トレンド便(日経トレンディネット)



 当連載はこれまでリアル店舗での売れ筋を紹介してきたが、今回は少し趣向を変えて、オンラインショップ大手のAmazon.co.jpにカテゴリーの枠を超えた人気商品を教えてもらった。

【関連画像】Amazon.co.jpの「家電・カメラ・AV機器」-「すべての家電」ページ

 対象としたのは「家電・カメラ・AV機器」カテゴリーにある「すべての家電」。その中でも人気の7ジャンル、イヤホン・ヘッドホン、理美容家電、スマートフォン、パソコン、テレビ、デジタルカメラ、キッチン家電の人気製品を調べてみた。集計期間は2018年1月1日から4月25日の間で、一時的にヒットしたものではなく、どれもそのジャンルにおいて今年に入って一番売れている製品となる。なお、Fireタブレットなどの同社ブランドの製品は除外している。

 各製品の購入層の年代や地域別傾向などは非公開となっているが、購入者レビューやリアルタイムランキングなどと照らし合わせることで売れる理由が見えてくるのが、オンラインショップならではのところだ。集計期間中の売れ行きについては、おおむね波がなく安定していたそうだが、新生活準備のピークとなる3月には、テレビ、カメラ、理美容家電の売れ行きが伸びるそうだ。各モデルの人気の理由は次のページから追っていこう。

※なお、写真や文章で掲載している価格は2018年5月7日時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。

リアル店舗でもAmazon.co.jpでも人気

 イヤホン・ヘッドホンのカテゴリーで一番人気をキープしているのは、アップルの「AirPods MMEF2J/A」だ。2016年末に登場して以来、現在も安定した人気があり、500件近いレビューを集め、5段階評価で平均4.4点を維持するなど満足度も高い。

 Amazon.co.jpの広報担当者も、「すべての家電」サブジャンルのなかでも人気が高いと認める。「現在の完全ワイヤレスイヤホン時代を築き上げた製品であり、完全ワイヤレス製品としての完成度が高く、iPhoneとの簡単な接続や左右の通信の安定性など、iPhoneユーザーの顧客ニーズをがっちりとつかんだ製品です」。

 2018年3月にe☆イヤホン秋葉原店で取材した「通勤・通学向けに48時間使える完全無線イヤホンが人気」でも左右分離型イヤホンの人気は堅調だった。Amazon.co.jpでもその傾向は変わらないようだ。

 理美容家電ジャンルで突出しているのは、パナソニックのヘアドライヤー「ナノケア EH-NA99」だ。3月にジョーシン浦和美園イオンモール店に取材した「新生活を快適に! 7つのおすすめ“ワンモア家電”」でも取り上げた製品で、イオン放出や温度調節によってヘアケアやスキンケアができるドライヤーとして男女ともに注目を集めている。

 「カスタマーレビューでは髪にツヤ感がアップしサラサラになるという感想が多く、『もっと早く買えば良かった!』という人が多くみられる製品です。周辺温度検知センサーを搭載しており、熱すぎない温風が心地よいと利便性でも高評価です」(※)

(※)あくまで利用者の個人的な感想です。

 スマートフォン本体もサブジャンルのなかで人気があるが、なかでも定番となっているのがファーウェイジャパンのSIMフリーモデル「P10 lite WAS-LX2J」。日本正規代理店品で、2万4000円台の価格とスペック、全体の完成度の総合評価で満足しているユーザーが多い製品だ。

 「コスパの高さ、デザイン、動作の安定性が高く評価されています。スマホの費用は抑えたいけれどスペックは落としたくないという格安SIMユーザーの中で、人気の端末です」

 P10 liteは2017年12月のヨドバシカメラ新宿西口本店 スマホ館に取材した「スマホの売れ行き、直近はiPhoneが7割を占める」でもキャリア端末を含むランキングの上位に食い込んでおり、リアル店舗とオンラインショップ双方で人気と言える。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す