次世代SMS「+メッセージ」はLINEの対抗サービスとなるか(日経トレンディネット)



 携帯大手3社が共同で発表した新しいコミュニケーションサービス「+メッセージ」。SMSを進化させた新しい技術「RCS」を採用し、電話番号を選ぶだけというSMSの手軽さはそのままに、写真やスタンプも利用できる「+メッセージ」は、携帯大手3社の「LINE対抗策」とみられているが、実際はどうなのだろうか。

【関連画像】携帯大手3社が共同で発表した「+メッセージ」。電話番号でメッセージのやり取りができる、SMSの進化系サービスだ

●スタンプも送信できるSMSの進化版

 4月10日、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社が共同で記者会見を開いた。そこで発表されたのが、3社が共同開発した新しいコミュニケーションサービス「+メッセージ」である。

 これは、携帯電話の電話番号を利用して、最大で全角70文字のテキストをやり取りできるショートメッセージサービス(SMS)を進化させたサービス。メッセンジャーアプリと違って、アカウントの取得やログインの必要がないのがメリットだ。

 しかも「+メッセージ」では、テキストのみなら全角で最大2730文字まで送ることが可能。さらに最大100MBまでの写真や動画、音声、位置情報、そしてスタンプの送信もできるようになっている。メッセンジャーアプリの「LINE」のようなコミュニケーションをSMSで可能にしたサービスと考えていい。

 もう1つ、大きな変化と言えるのが料金体系だ。従来のSMSは1通送信するたびに料金が発生する「通数課金」で、ドコモの場合は1通当たり3円かかる。だが「+メッセージ」では、送信したデータ量に応じてパケット通信料がかかる仕組みなので、定額プランを利用していれば料金を気にする必要がない。

 「+メッセージ」の対応機種はドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォンおよびタブレットで、OS(基本ソフト)のバージョンはiOS 9.0以上、Android 4.4以上で利用できる。なお、サービス開始は5月9日が予定されているが、当初利用できるのはAndroid端末のみ。iOS端末に関しては、準備ができ次第対応する予定とのことだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す