BOSEの「肩乗せスピーカー」はブレイクするか(日経トレンディネット)



 BOSEから、肩に乗せるタイプのワイヤレススピーカー「SoundWear Companion Speaker」(以下SoundWear)が発売された。Bluetoothでスマートフォンなどと接続して音楽を聴いたり通話に使うもので、耳をふさがずに耳元で鳴る迫力ある音を楽しめる。耳をふさがないので外の音が聞こえることや、イヤホンにありがちな耳が蒸れるようなことがないのが特徴だ。

【関連画像】テレビをきっかけに売り切れが続出している、ソニーが昨年秋に発売した「SRS-WS1」

 こうした肩に乗せるワイヤレススピーカーとしては、JBLも「SOUNDGEAR」を発売予定だ。先行しているのはソニーで、昨年10月に発売した「SRS-WS1」は今年3月初旬に放送されたテレビ番組をきっかけに話題になり、4月に入っても品切れが続くほどのヒット商品になっている。SRS-WS1はBluetooth接続ではなく、付属の専用ワイヤレスユニットをテレビなどに取り付けてその音声を飛ばし、ワイヤレスで聞くための機器だ。有線接続で聞くこともできる。

 内部にバイブレーターがあり、重低音が鳴ったときに本体がブルブルと震えて低音を体感できる機能が特徴で、映像の世界により深くのめり込める。本機がテレビ番組で紹介された際に視聴者が最も興味をそそられたのは、おそらくこの“振動するワイヤレススピーカー”という部分だろう。

 これらの製品は、想定している用途は少し違うが、肩に乗せて使うスピーカーという点は同じだ。キッチンで料理や洗い物をしながら、あるいは部屋の掃除など家事をしながら、または読書やガーデニングなど趣味を楽しみながらといった“ながら聴き”でテレビの音や音楽が聴ける。

 BOSEとソニーの製品を通じて、こうしたウエアラブルスピーカーがこれから“来る”のか、ひとつのジャンルとして定着していくのか、未来像を考察してみたい。

ウエアラブルスピーカーのメリット・デメリット

 ウエアラブルスピーカーのメリットは、まずイヤホンやヘッドホンのように耳を覆わないので開放感があることだ。音を聞きながら周囲と会話したり、コミュニケーションを取れる。

 そして部屋置きタイプのスピーカーに比べて耳に近い位置で音が鳴るので、大きな音を出さなくても没入感が得られる。夜間のリスニングにも向いているだろう。SoundWearの場合、柔軟なシリコン素材で体に違和感なくフィットするため、没入感がさらに増す。駆動時間は12時間と長いため、バッテリー切れをあまり心配せずに長時間身に着けていられる。

 ただしデメリットもいくつかある。聴いている音は周囲に漏れるので、外出先で使うのには不向きだ。室内でも周りにいる人と一緒に楽しめるほど大音量を鳴らせるわけではなく、1人で使うためのデバイスだ。また筆者はそれほど気にならなかったが、人によっては肩が凝るので長時間身に着けていたくないということもあるだろう。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す