【PCパーツ部門】2017年はCPUの“当たり年” AMD復活でインテルの開発速度が大幅アップ!? 日経PC21デジタル研究所(日経トレンディネット)



この記事は「日経PC21 1月号 特集 すごい商品&裏ワザベスト100」(2017年11月発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

【関連画像】8コア、16スレッド対応の「ライゼン7」シリーズ

 2017年は近年まれに見るCPUの当たり年だった。中でも台風の目となったのが3月に発売されたAMDの「ライゼン7」。同社製CPUは低性能という長年のイメージを打ち破り、異例の大ヒットとなった。その結果、長らくインテルの独占状態だったCPU市場を大きく動かした。

 ライゼン7に対抗すべくインテルはCPU開発の前倒しを決行。「コアi9」(ランキング2位)や「第8世代コアi」(同4位)など例年以上に革新的なCPUを次々と発売した。

 そのほか大きなトピックは、マイニングPCの自作ブームによるグラフィックスボードの品薄が挙げられる(同5位)。仮想通貨「ビットコイン」を採掘(マイニング)するには、高性能なパソコンが必要で、そのために複数のグラフィックスボードを搭載した強力な自作PCを求めるユーザーが続出。その結果、マイニングと相性が良いGPU搭載ボードが品薄になったのだ。

 ストレージ関連ではPCIエクスプレス接続M.2 SSDが躍進(同8位)。数年前は高根の花だったが、低価格化したことと、自作用マザーボードでM.2スロットがほぼ標準機能となったことで一気に普及した。

●【1位】インテル1強時代が遂に終焉か? AMDがライゼン7の投入でシェアを拡大

 AMDが3月に発売した「ライゼン7」シリーズが大ヒット。インテル製CPUに対抗できる久々のCPUの登場とあって、発売早々、ショップでは争奪戦の様相に。インテル独占だったCPU市場に大きな風穴を開けた。

【2位】一般ユーザー向けCPUで破格 18コア、36スレッドに熱視線

 インテルは5月に新CPU「コアi9」を発表した。最上位モデルは18コアで36スレッドの同時処理に対応。従来のコアi7の最上位が10コア、20スレッドだったこともあり、その大きな進化に注目が集まった。

●【3位】ライバル社の製品計画にも影響? AMDのハイエンドCPU

 AMDは5月、インテルのコアi9に先駆けて「ライゼン スレッドリッパー」を発表した。最上位モデルは当時の一般ユーザー向けでは最高の16コア、32スレッド。これがコアi9のスペックに影響したといわれる。

●【4位】CPUのコア数が10年ぶりに増加 インテルの第8世代「コアi」

 インテルはメインストリーム向けCPUの性能も大幅に強化した。9月に発表された第8世代「コアi」シリーズでは、コアi7/コアi5が従来の4コアから6コアに、コアi3が従来の2コアから4コアに進化。メインストリームCPUのコア数増加はコア2クアッド以来10年ぶりとなる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す