ダイソン新空気清浄機、効果に懐疑的な人向き? 突然の買い替えでも安心! 白物家電の買い方・選び方(日経トレンディネット)



 ダイソンは2018年4月12日、新型の空気清浄機「Dyson Pure Coolシリーズ」を発表、同日に発売した。ラインアップは床置き用の「タワーファン」とテーブルなどに置ける「テーブルファン」の2機種4モデル。

【関連画像】ダイソン ヘルス アンド ビューティー部門バイスプレジデントのポール・ドーソン氏

 見た目だけだと従来モデルとあまり大きな変化はないように見えるが、実はかなり進化して使い勝手が向上している。

●新搭載の液晶ディスプレーで空気環境を“見える化”

 大きな特徴は、液晶ディスプレーと3種類のセンサーを搭載した点にある。ダイソン ヘルス アンド ビューティー部門バイスプレジデントのポール・ドーソン氏は「レーザーダイオードで微粒子の大きさや濃度を検出できる微粒子センサー、NO2(二酸化窒素)、ベンゼンやホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)を検出できる有害ガス・ホコリセンサーに加えて、温度・湿度センサーを備えている」と語る。

 リモコンの「i」ボタンを押すと液晶ディスプレーに空気質、PM2.5、PM10、VOC、NO2、温度、湿度がグラフ化もしくは数値化されて表示されるようになっている。センサーが空気の汚れを検知すると、即座にディスプレーに反映される仕組みだ。

 従来モデルでも、無料の専用アプリ「Dyson Link」(Android/iOS対応)で空気質と温度・湿度をグラフ化して表示していたが、新モデルでは、スマホアプリをわざわざ開かなくてもリアルタイムで室内の空気環境が一目で分かるようになったのが大きな進化だろう。ちなみに、Dyson Linkアプリもアップデートし、上で紹介したPM2.5やPM10、VOCなどのグラフが確認できるようになっている。

フィルターが大型化し、空気清浄機能もアップ

 従来モデルでは本体上部の送風口部を取り外し、上からフィルターをかぶせるスタイルだったが、新モデルは前後から取り付けるスタイルに変更された。約9mもあるHEPAマイクログラスファイバーを250回折り畳んだ高密度フィルターは、従来モデルに比べて容量が約60%アップ。吸収効率を高めるために、活性炭フィルターを従来モデルの約3倍にまで増やしたという。

 空気清浄能力の適用床面積はJEMA(社団法人日本電機工業会)規格でタワーファン、テーブルファンともに12畳(30分で清浄)、自社基準に基づく数値として、タワーファンが34畳(同)、テーブルファンが36畳(同)としている。

 ドーソン氏はここで紹介している自社基準について、「センサーでインテリジェントに検知するだけでは不十分で、部屋全体が正しく清浄されていることが必要だ」と語る。

 「JEMAの規格では約10平米の部屋にファンがあり、汚染物質を拡散させて1つのセンサーが空気質を測るというものだが、これを見る限り、平均的な日本の住宅環境を反映するとは思えなかった。そこで業界標準テスト以上のテストを開発した」(ドーソン氏)

 ダイソンが開発したのが「POLARテスト」というものだ。

 「約27平米の部屋に毛髪の300分の1程度の物質も検知できるセンサーを9つ設置し、5秒ごとに空気質データを集めるというもの。オートモードにした機器を置き、反対側から汚染物質を出し、機械が感知できるかを見る。空気がきれいになったと機械が判断した段階で各センサーの数値を確認し、その性能を測る」(ドーソン氏)という。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す