パソコンは色で選べ! 「ピンクパソコン」大集合(日経トレンディネット)



 ピンク色、あるいはピンクがかった色のパソコンが増えている。NECは2018年春モデルのモバイルノート「LAVIE Note Mobile」シリーズで、3モデルすべてにメタリックピンクのカラーバリエーションを用意。デルはハイエンドモバイルノートと位置付けている「New XPS 13」にローズゴールドのモデルを用意するなど、モバイルノートの目玉機種にピンク系のカラーバリエーションが登場している。

【関連画像】NECの12.5型モバイルノート「LAVIE Note Mobile」。おすすめは最上位モデル。ディスプレー周辺やキーボード周りもピンク色だ

 ピンク色というと目に痛いほど鮮やかなピンク色を想像してしまうかもしれないが、その多くは淡い色合いだ。ミレニアル世代(1980年代~2000年代初頭に生まれ、2000年代に成人する世代を指す)を中心に人気のミレニアルピンクと呼ばれる色に近い。ミレニアルピンクは2016年ごろから流行ってきた薄めのピンク色で、可愛いというよりも上品さや繊細さを感じさせる。女性だけでなく男性にも意外と似合う色だ。

 パソコン、それも持ち歩いて使えるモバイルノートは今やビジネスパーソンの必需品。しかしWebブラウズ、メール、マイクロソフトオフィスアプリを利用するという用途なら、ある一定以上のスペックを満たしていれば実のところ、どれを選んでも性能的には十分だ。

 それならあとは好みの色やデザインで選んでも問題ない。今や、ビジネス向けのデバイスであってもデザインに力を入れるのは世界的な流れだ(関連リンク:ミレニアル世代に好評 デルがデザインに注力する理由)。また、モバイルノートは商談の場やカフェなど人目につく場所で使うことが多いのだから、色やデザインを重視するのは当然と言えるだろう。

 ちなみに、ある一定以上のスペックというのは、Windowsやアプリがスムーズに動作して、ストレスを感じずに使えるスペックのこと。演算処理をするCPUがCore i5以上、メモリー(RAM)は8GB以上を目安にするといいだろう。この条件に当てはまる魅力的なピンクパソコンを紹介しよう。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す