新モデル「第6世代 iPad」の使用感は? 古いiPadユーザーは新iPadへの買い替えどきか!?(日経トレンディネット)



 2018年3月末、アップル「iPad」シリーズの新モデル(以下第6世代iPad)が発売された。発売日に早速購入してきたのでその使用感をお届けしたい。

【関連画像】アップルの9.7型タブレット「iPad」の第6世代モデル(Apple Pencilは別売で1万800円)

●ベーシックな9.7型iPadの最新モデル

 iPadには画面サイズと基本性能によって大きく3モデルある。10.5型と12.9型の上位モデル「iPad Pro」、9.7型の「iPad」、7.9型の小さい「iPad mini」だ。今回発売されたのはそのなかで最もベーシックな9.7型iPadの最新モデルで、9.7型では第6世代となる。

 従来モデル(第5世代モデル)からプロセッサーがA10 Fusionチップに変更されて処理性能が向上したほか、iPad Proと同様にApple Pencilによるペン入力に対応したのが特徴だ。A10はiPhone 7などが搭載しているもので、iPhone 8などが搭載する最新のA11ではないが、従来モデルが搭載するA9より高性能だ。

 外観は地味で、従来モデルと持ち比べてみても代わり映えがしない。指紋センサー(Touch IDセンサー)を兼ねたホームボタン、ヘッドホンジャック、充電やデータ転送などに使うLightningコネクターを備える。充電用のACアダプターとLightningケーブルが付属する。

 Wi-Fiのみ対応のモデルと携帯電話の回線を使ってインターネットに接続できるWi-Fi+Cellularモデルがあり、それぞれ内部ストレージ容量が32GBのモデルと、128GBのモデルがある。価格は、Wi-Fiのみで32GBのモデルならアップルの直販サイトで3万7800円だ。これは現行のiPadシリーズの中では最も安い。

 128GBモデルは4万8800円からで、1万1000円の価格差がある。あまりデータを保存しない、あるいはiCloudなどクラウドストレージに保存するから本体の容量は少なくてもいい人には、安価な32GBモデルがおすすめだ。大量のデータを持ち歩きたい人は128GBモデルがいいだろう。アップルの直販サイト(Apple Store)などで販売されるほか、Wi-Fi+CellularモデルはNTTドコモなど携帯電話キャリアでも取り扱っている。

 本体色はシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。筆者が購入したのはWi-Fiのみ対応でストレージ容量が128GBのモデルだ。色はゴールド。店頭で他の色はすべて取り寄せと言われて選択肢がなかったのでこの色になった。ピンク系の色にしか見えないが、落ち着いた色合いで年齢性別問わず誰にでも似合いそうだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す