新iPadがApple Pencilに対応 Macはもういらない! 戸田 覚のデジモノ深掘りレポート(日経トレンディネット)



 2018年3月27日(米国時間)に新しい「iPad」が登場した。ナンバリングがないので分かりづらいことこの上ないのだが、「新iPad」としておこう。新iPadについては改めてまとめたいと思うが、僕が最も注目しているのが、Apple Pencilに対応したこと。僕は、手書きを強く推奨しており、将来はキーボード、マウスに並ぶ入力デバイスになると確認している。「Pro」が付かない普及版のiPadでも手書きに対応したことで、手書きの普及は加速すると思っている。

【関連画像】それぞれのアプリをアップデートすると描画機能が紹介される

 実際、新iPadがApple Pencilに対応したのに合わせるように、アップル製のiOS向けワープロアプリ「Pages」、表計算アプリ「Numbers」、プレゼンテーションアプリ「Keynote」が手書きに対応した。Apple Pencilはもちろん、指や市販のスタイラスペンでも書き込める。iPhoneでも利用できるのだが、画面サイズが違うと使い勝手は相当異なるので、やはりiPadやiPad ProとApple Pencilの組み合わせが最適だ。

Pagesは、2つの手書きモードを持つ

 Pagesはワープロアプリなので、キーボードでテキストを入力できる。加えて、Apple Pencilを使うことで便利な機能が2つある。1つは描画機能だ。Apple Pencilで画面を長押しすると、描画エリアが表示され、その中に手書きできる。手書き用のエリアは周囲のハンドルを動かすことで、サイズや位置を調整可能。テキストの中に描画エリアを置くと、文字が描画エリアを避けて回り込むのもワープロアプリらしいところだ。

 ペン先はサインペン、鉛筆、クレヨン、絵具の4種類で、絵具は、囲んだ部分を塗りつぶすようになっている。ペンの太さ色、透過率を自由に調整できるので、思い通りの図が描けるはずだ。

 もうひとつは、「スマート注釈」と呼ばれる機能で、ラインマーカーや注釈をテキストの上に書き込めるというもの。こちらはエリアに関係なく、好きな場所に自由に書ける。Apple Pencilでテキストをタップすると、メニューが表示され、ペンの種類なども選べる。スマート注釈で使うペンは、色がやや薄く、確かに注釈向きだ。

 なお、指で描きたい場合には、Apple Pencilのように画面を長押しやタップしても描画エリアやメニューは立ち上がらない。その代わり、どちらもメニューから選べるように工夫されている。スマート注釈は右上の「…」をタップして「スマート注釈Beta」を選ぶ。描画は「+」をタップし、吹き出しで図形機能を選んで一番下にある「描画」をタップする。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す