Facebookの情報流出、「診断系アプリ」はワナだらけ お騒がせSNS時代のサバイブ術(日経トレンディネット)



診断系アプリにはワナがある

 Facebookのニュースフィードには、毎日いろいろな投稿が流れてきますね。楽しそうな飲み会の様子、旅行先の写真などに交じって「あなたが戦国武将だったら誰?」というような投稿を見たことはありませんか?

【関連画像】 Facebookの情報流出、「診断系アプリ」はワナだらけ

 これは「診断系アプリ」などと呼ばれるもので、「あなたの良い奴度 vs. クズ度」などの診断系、「これ見える? 見えたら特殊な眼をしています」といったテスト系、「セクシー雑誌の表紙を飾った姿は?」などのプロフィール画像加工系などがあります。

 友達の診断結果が流れてくると、自分の場合はどうなのかを試したくなりますね。こうした診断系アプリは、タップするだけで自分も試せるように作られていますが、果たしてこうした診断系アプリは使っても大丈夫なのでしょうか。

 結論から言えば、個人情報を抜かれるアプリと安全なアプリがあります。詳しく説明していきます。

FacebookのCEOが謝罪した情報流出

 個人情報が抜かれるアプリなのか安全なアプリなのかは、簡単に判断できます。友達がシェアした診断系アプリをタップ、またはクリックしたとき、そのアプリが「Facebookでログイン」を求めるかどうかが運命の分かれ道です。

 もし「Facebookでログイン」画面が表示されたら、そのままログインしてはいけません。そのアプリは、あなたがFacebookに登録したプロフィール、メールアドレス、誕生日、写真、友達リストなどの情報を取得するかもしれないのです。

 2018年3月25日(現地時間)、Facebookの最高経営責任者(CEO)マーク・ザッカーバーグ氏は、英国のデータ分析会社がFacebookのユーザー情報5000万人分を取得したことについて、米国および英国の大手新聞各紙に謝罪広告を出しました。このユーザー情報は、まさに診断系アプリで流出したのです。

 2014年、英国のケンブリッジ大学教授が性格診断テストをFacebookに公開し、約27万人が利用しました。このアプリはログインしたユーザーだけでなく、その友達のプロフィール情報も取得するものでした。教授はその約5000万人分のデータを、データ分析会社に不正提供しました。選挙のコンサルティングも行う同社は、2016年のアメリカ大統領選挙でトランプ陣営についていたため、その膨大なデータが選挙にも利用されたと指摘されています。

 Facebookなんて信じられない――そう考えたユーザーは、「#DeleteFacebook(フェイスブックを削除しろ)」のハッシュタグを付けた投稿をTwitterに投稿する騒ぎになりました。

 ザッカーバーグ氏はこの問題について対策を取ると発表しています。不正な疑いのあるアプリはFacebookから排除すること、不正利用された際にはユーザーに報告すること、ユーザーが3カ月以上利用していないアプリによる情報アクセスを停止すること、ログインレビュー(そのアプリのレビュー)がないアプリに関しては、ユーザー名、プロフィール画像、メールアドレスの取得のみに制限すること、ユーザーが自分で使っているアプリをチェックすることなどです。

 しかしこの対策は発表されたばかりで、日本のユーザーに実装されるには時間が掛かります。そこで、今からすぐ自衛できる方法を説明します。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す