愛しいiPhone Xに美しさを保つ捨て身の防護策 イトウアキのアップル系と呼ばれて(日経トレンディネット)



スマホはiPhone、パソコンはMac、仕事先にはiPadを持参し、移動中はAirPodsで音楽を聴いているけど『別にアップル好きじゃないです』と言い張るライター伊藤朝輝がつづるアップルライフ。今回は、iPhone Xをガラスコーティングしたお話だ。

●保護フィルムを貼るのは美学が許さない

 いきなりだけど、「iPhone 6」のころから不満に思っていたことがある。それは、液晶保護フィルムを画面の縁ギリギリまで貼れないことだ。

 iPhoneユーザーならお分かりと思うが、iPhone 6以降は画面の縁が丸みを帯びたため、普通の保護フィルムでは平らな部分しかカバーできなくなった。その手の保護フィルムを貼るとフィルムの縁と液晶の間に隙間が生じ、残念な“枠”ができてしまうのだ。特にブラック系のモデルを使っている場合、電源オフにしたときにスクリーンと縁の境界がなくなるという、せっかくのデザインが台無しだ。

 「iPhone、3D曲面、保護フィルム」などのキーワードで検索すると、丸みの部分までカバーする保護フィルムが見つかると言う人もいるだろう。しかし今回はそこには行かない。

ガラスコーティングすればいいじゃない

 iPhoneには液晶保護フィルムを貼るべきではないと思う。とはいえ画面は保護したい。でもカッコ悪い……。大切なiPhoneが傷だらけになってしまうのも悲しいので、「iPhone 7」は保護フィルムをガッツリ貼って、本体のサイド部分を保護する「バンパー」まで付けて使っていた。

 液晶保護フィルムを貼るとできる“枠”が再び気になり始めたのは、「iPhone X」の入手を検討し始めたころ。iPhone X(iPhone 8も)は背面もガラスだという。背面も保護しなきゃなんないのかよ! と思っていたところに、自動車ディーラーをやっている友人から「スマートフォンやタブレットのガラスコーティングサービスを始めた」という連絡がきた。

 話を聞くと車のコーティング剤は日々進化しており、最近のものはスマートフォンやタブレットにも使えるらしい。被膜の厚みは約200nmだそうで、一般的な液晶保護フィルムで「極薄」といわれる0.2mmの商品と比較しても1000分の1。厚みはほぼないに等しいので“枠”に悩まされることもなくなる。

 iPhone Xの本体にコーティング剤を薄く塗り、超音波のミスト発生装置で水を噴霧。これを拭き取りつつなじませていくと、コーティング剤が硬化してガラス被膜になる。この工程を3回繰り返す。より硬い被膜にしたい場合は、1週間後に再度同じ工程でコーティングするといいそうだ。もちろんお願いした。

 ただ、コーティングすると滑りやすくなる、つまり落としやすくなるとのことだったので、すぐにバンパーを装着した。バンパーなら背面のガラスの質感を損なうことなく、グリップ感を改善できるからだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す