ギリシャ、20日にEU金融支援から自立 国民生活は苦しいまま(産経新聞)

 【ベルリン=宮下日出男】財政危機に陥ったギリシャへの欧州連合(EU)の金融支援が20日、終了する。2010年以来8年ぶりの“自立”だ。厳しい改革を経て経済・財政状況は一定程度改善したが、国民生活は苦しいまま。国家立て直しの道はなお険しい。

 ギリシャでは09年に財政赤字の粉飾が発覚。金融市場の信頼を失い、自力での資金調達が困難になったことから、EUへの支援要請に追い込まれた。3度にわたる支援の総額は約2890億ユーロ(約36兆円)に上る。

 財政緊縮策への反対を掲げるチプラス現政権が15年に誕生し、一時はユーロ圏離脱の現実味も増したが、政権はその後方針転換。改革を進め、経済成長率は11年のマイナス9.1%から17年はプラス1.4%に改善し、財政収支も目標を達成している。このため、EUは今年6月、金融支援を終了させる枠組みで合意していた。

 ただ、公的債務はEU加盟国最大の国内総生産(GDP)比約180%。今後もEUの監視下で財政規律の維持を求められ、来年には再び年金削減が予定される。失業率はピーク時の約28%から19.5%に減ったが、ユーロ圏最悪。経済協力開発機構(OECD)は貧困層の拡大を警告する。

 経済の改善に対する国民の実感も乏しく、メディアは、ギリシャ市民の不安の声を相次いで伝えている。職探しや学業のために国を離れた国民も多く、その数は若者を中心に35万~40万人と推計される。人材の流出は長期的な経済発展に影響しかねず、アテネ大のベレミス名誉教授は「支援終了を祝う理由は何もない」と述べている。

【関連記事】

トヨタ「らしさ」運動部にも

 トヨタ自動車の豊田章男社長は自らを「キャプテン」と表現する。年間販売台数1000万台超、従業員数約37万人の巨大組織「チームトヨタ」を引っ張る立場をスポーツに例えている。それは、トヨタがスポーツを大切にしている姿に重なる。創業者の豊田喜一郎氏は会社設立の1937年に陸上部もつくった。トヨタがスポーツに関わってきた歴史は長い。(ニュースイッチ)

[続きを読む]

17年とんかつかつ丼市場 18%増530億円 簡便志向 揚げ物に商機(日本農業新聞)

 とんかつ・かつ丼を提供する外食店の2017年の市場規模は、統計がある10年以降で最大だったことが、調査会社の富士経済のまとめで分かった。前年比18%増の530億円だった。値頃感を打ち出した大手チェーンの出店が相次ぎ、中高年層や家族層を中心に利用が増えた。同社は「今後も市場拡大が期待できる」とみる。

 とんかつ・かつ丼の外食市場は調査の開始以降、右肩上がりで伸び、過去5年で2・4倍に拡大した。割安な輸入豚肉を使い、低単価を売りにしたチェーン店が増えたことが後押しした。外食大手は「消費者の簡便志向が高まり、家庭で揚げ物料理を作る頻度が減っているためファミリー層向けに商機がある」と話す。18年は前年比14%増の605億円の見込み。

 また、ファストフードのハンバーガー市場は、17年には8%増の6510億円だった。富士経済は「日本マクドナルドがキャンペーンを強め、全体を押し上げた」と分析する。18年は5%増の6811億円の見込み。

 牛丼店の市場は15年以降、微増が続いている。17年は1%増の3735億円だった。チェーン店の統廃合で店舗数は減ったが、季節感を打ち出した期間限定メニューの販促などが堅調だった。18年は2%増の3803億円の見込み。

 調査は5~7月に企業や団体へ聞き取りなどを基にまとめた。

【関連記事】

「短編アニメ映画」の公開が相次ぐ本当の理由(東洋経済オンライン)

8/19(日) 13:40配信

東洋経済オンライン

 猛暑が続く日本の夏だが、「短編アニメ」にとっても”熱い夏”になっている。

 新海誠監督『君の名は。』の制作で知られるコミックス・ウェーブ・フィルム(以下CWF)と、米林宏昌監督『メアリと魔女の花』を制作したスタジオポノック――。近年のアニメーション業界で注目を集めるふたつの実力派アニメーションスタジオが、同時期に短編アニメを公開することになった。その背景にあるものは何なのか、両スタジオの関係者たちに聞いた。

『詩季織々』『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』と短編アニメ映画の公開が相次ぐ

■新海誠作品を支えたスタッフが短編に挑戦

 CWFが手がける短編オムニバス集『詩季織々』(現在公開中)は、中国のアニメ業界をリードするブランドHaolinersとのコラボレーション作品。1本あたり20分前後のアニメーション作品3本から構成され、全体で74分の作品となった。

 Haolinersの代表も務めるリ・ハオリンが総監督を務め、実写映画出身でアニメ初挑戦となるイシャオシン、そしてCGチーフとして新海誠作品を支え続けてきた竹内良貴らが参加。監督全員が30代前半という日中の若き才能が結集している。

 同作の総監督を務めるリ・ハオリン率いるHaolinersは、中国の人気WEBコミックをアニメ化した「銀の墓守り」などで知られるアニメーションブランド。10年ほど前に、新海誠監督の『秒速5センチメートル』を観て、衝撃を受けたリ監督は、『言の葉の庭』の公開に合わせて訪中していたCWF代表取締役の川口典孝氏に、コンタクトをとり、ラブコールを送ったことが最初の出会いだった。

 「『君の名は。』の大ヒットから、制作依頼をいろんな会社からたくさんいただくようになりましたが、リ監督はその前からラブコールを送ってくれていた」と、CWFの堀雄太プロデューサーは語る。

 そして、「最初の依頼の際は弊社の制作ラインが空いていなかったこともあってお断りしましたが、彼とはその後もいい関係を続けていたんです。だから『君の名は。』の完成後はどうしようかとなったときに、リ監督が送り続けてくれていたラブコールに応えることにしたのです」と明かす。

 これまでの新海誠作品を支えたCWFの美術、CG、撮影スタッフが携わるという条件で制作された作品は、リ監督による、新海誠作品への愛情が随所に表れたものとなった。

【関連記事】

始発ダッシュ 鉄道会社の苦労

「始発ダッシュ」とは?

いつから始まったかは定かでない。始発電車を利用するコミケ参加者が駅到着と同時に改札に向け猛ダッシュする様子が、コミケの風物詩のように。

出典:ねとらぼ 8/8(水)

秋に抜け毛が多い人がすべき「夏の頭皮ケア」(東洋経済オンライン)

8/19(日) 11:00配信

東洋経済オンライン

 記録的な猛暑日が続く今年の夏。そろそろ身体だけでなく、頭皮にも疲れがたまる時期だ。頭皮の血行不良と過剰な皮脂は、髪にとって最大の敵。夏にしっかりケアして実り多き秋を迎えるために「メンズグルーミングサロン & ストア バイ カキモトアームズ」の前田智彦店長とビューティアドバイザーの宮田舞美さんに、効果的な夏の頭皮ケアを聞いた。

この記事の写真を見る

■夏の過剰な脂を洗い流して、発毛の土壌を整え

 「男性の頭皮は、Tゾーンの2倍の皮脂が出ていると言われています。女性と比べても2倍です」と語るのは、ビューティアドバイザーの宮田舞美さん。特に注意したいのは、分泌された皮脂が夏の強い紫外線で固まりやすくなり、脂が毛穴にこびりついてしまうこと。毛穴につまった皮脂が、髪の成長を妨げ、抜け毛・薄毛の原因につながってしまう。

 「男性の頭皮ケアのポイントは、皮脂の除去です。必要な皮脂と水分を残しながら、余分な皮脂を洗浄力の強いシャンプーで徹底的に洗い流しましょう。夏にきちんと頭皮をケアしないと、ダメージが蓄積されて秋に影響が現れることもあります」

 重要なのは「その日の皮脂は、その日のうちに落とすこと」。シャンプーで皮脂を洗い流し、頭皮のバランスを一定に保つ頭皮用トリートメントで栄養を与えることで、頭皮トラブルを軽減しベストな発毛環境に導くことができる。ていねいなヘアケアが、ツヤとハリのある豊かな髪を育てるのだ。

■血行促進と適切なケアで、抜け毛・薄毛を防ぐ

 皮脂の除去と同時に、重要なポイントが血行促進だ。

 「髪の栄養は血液から補給されるので、血行促進が重要です。シャンプーをするときには十分に泡立ててから、頭皮を揉むように洗います。洗う方向はこめかみから頭頂へ、さらに太い血管のある襟足から頭頂へ。全て下から上に向けて洗ってください。そうすることで頭皮全体の血行を促進することができます」と、店長の前田さん。皮脂を取り除いて髪に栄養を補給する。それが、強い髪を育てる要素だ。

【関連記事】

日銀と市場の神経戦 「長期金利」政策の本音は?(J-CASTニュース)

 日銀が、金利やお金の量を操作する金融政策の修正を決めた。2018年7月30、31日開いた金融政策決定会合で、0%程度に誘導している長期金利を柔軟に調節するとして、市場金利の変動幅を2倍程度に広げ、金利の上昇を事実上、容認するのが最大のポイントだ。

 現行の「長短金利操作」を導入した2016年9月以来、約1年10か月ぶりの政策の修正になる。これは、5年超にわたって続く大規模金融緩和政策の長期化を見込んだ微修正なのか、金融緩和からの「出口」への第一歩なのか、市場や専門家の見方は割れている。

■実質的には、金利のある程度の上昇を容認

 今回の決定のポイントは金利を含め3つ。まず、「短期金利をマイナス0.1%、長期金利を0%程度」とする現行の政策金利は据え置いたうえで、決定会合の声明に、「(長期金利は)経済・物価情勢等に応じて上下にある程度変動しうる」と明記した。会合後の記者会見で黒田東彦総裁は変動幅について、これまでの「プラスマイナス0.1%程度」から「プラスマイナス0.2%程度」へ、2倍に広げる考えを示した。実質的には、金利のある程度の上昇を容認することになる。

 2つ目は、株高を支えている上場投資信託(ETF)の買い入れ見直しだ。年間約6兆円規模としていた買い入れ額は、「上下に変動しうる」として、増減を認める。と同時に、日経平均など比較的構成銘柄が少ない株価指数に連動するETFに偏っていたことを修正し、市場全体を反映する東証株価指数(TOPIX)に連動したETFの比重を高めることも決めた。日銀が実質的に筆頭株主、大株主になる例が続出していることから、特定の株式に偏らないよう改めるものだ。

 この二つの政策は、超低金利による金融機関の収益悪化や国債市場の取引激減による機能低下、また、ETF購入による株価のゆがみといった副作用が無視できないところまで来ていることの反映とみられる。

 ただし、第3に、「フォワードガイダンス」と呼ばれる手法を、併せて導入した。将来の政策を予告するもので、「2019 年 10 月に予定されている消費税率引き上げの影響を含めた経済・物価の不確実性を踏まえ、当分の間、現在のきわめて低い長短金利の水準を維持することを想定している」として、緩和を継続すると約束した。多少の金利上昇を認めるが、緩和策はまだまだ続くと宣言して、金利が急テンポで上昇する事態は許さないという意志を示すものだ。

【関連記事】

スズキ、マツダ、ヤマハ発動機の燃費不正 3社三様の「原因」分析(J-CASTニュース)

 スズキ、マツダ、ヤマハ発動機の3社の検査で不正が発覚した。工場で出荷前の車や二輪車の排ガスと燃費を測定する抜き取り検査の条件がいい加減だったのだ。2018年8月9日、発表した。SUBARU(スバル)と日産自動車でも排ガス・燃費の測定データ改ざんが発覚しており、国土交通省が指示した社内調査で不正がわかった。

 自動車メーカーは、完成した新車を出荷する際、工場で100台に1台程度の割合で排ガスや燃費を調べる「抜き取り検査」を実施しているが、この検査の工程で、データを測定するために車を走らせる速度や時間が基準を超えていた。検査条件を満たさずに得られたデータは「無効」とすべきだが、「有効」として処理していた。3社の発表によると、不正は計6480台で見つかり、うちスズキが6401台と大半を占める。

■リコールは実施せず

 各社ごとの不正の主な中身は次のようなものだ。

 スズキは、2012年6月~18年7月に静岡県内の湖西、相良、磐田の3工場で検査した自動車計1万2819台の49.9%で不正を確認。主力の軽自動車アルトなど30車種で不正があった。検査に関与した検査員19人は、不正にあたると認識していなかったという。検査条件を確認するのに必要な機器の性能が不十分で、検査員の判定ミスを招いたと説明している。

 マツダは2016年10月以降に検査した1875台のうち、スポーツ用多目的車(SUV)の「CX-5」など自動車10車種の72台(3.8%)で不正が発覚。検査員が排ガスデータの数値だけに気をとられ、検査条件が有効かどうかの確認を怠るミスが原因という。

 ヤマハ発動機も、2016年1月以降に検査した335台のうち2輪車7台(2.1%)が不正だった。検査の際にバイクを走らせる速度について、検査が無効となる条件をそもそも経営陣も現場も認識せず、検査員は速度をすぐに修正すれば有効な条件になると思い込んでいたという。

 3社の完成検査問題が明らかになったのは、2017年秋以降に日産とスバルで無資格者検査が発覚したことが背景にある。その後、両社で燃費・排ガスのデータを書き換える不正が明らかになった。これを受けこの7月、国が各メーカーに調査を求め、新たに3社の不正も分かった。

 3社はデータの書き換えはなかったとして、カタログに記載した排ガスや燃費の値を修正する必要があるほどの不正でないため、リコール(回収・無償修理)は実施しない。

虫歯の人が妄信してしまう危険な歯科医5例(東洋経済オンライン)

 「悪質な歯医者は、ごく一部。それをマスコミが強調するので、患者に不信感が広まってしまった」

この記事の写真を見る

 歯科治療の問題点を報道すると、関係者からこんな〝逆批判〟が返ってくるが、本当に一部の問題なのか、私は疑問を抱いている。

拙著『やってはいけない歯科治療』で、モラルを疑うような歯科治療の実態をレポートしたところ、全国の患者から深刻なトラブルの相談が次々と寄せられてきた。「もっと早く本を出してくれたら、歯を失わずにすんだ」という悲痛な声もある。

 そこで今回は、歯を守るために、知っておくべき5つの実例をお伝えしたい。

■case.1 「画期的な◯◯式治療法」の正体

 画期的な虫歯治療と称するものが、いくつか存在する。その一つは、「虫歯の穴に薬剤を詰めて封鎖、1年以上かけて除菌しながら、自然治癒力で治してしまう」というもの。これを推し進める中心的な歯医者は「名医」としてテレビで紹介され、本はベストセラーになった。

 ただし、有効性が確立されている治療法は、保険適用になるのが一般的。なのに、これらの画期的治療法とされるものは自費診療で、決して安くはない費用がかかる。実施している歯医者も、ごくわずかしかいない。

 普及しない理由について、中心的な歯医者は、こう主張している。

 ”虫歯が自然に治ったら、患者以外に誰の利益にもならないので、広まらないように圧力がかかった”

 だが、現実は、この画期的治療法が不成功に終わり、後始末を引き受けている歯医者が少なくない。

 こうした独自の治療法は「○○式治療法」というように、発案者である歯医者の名前を冠することが多い。現行法では、正式な臨床試験で有効性が確認されていない治療法でも、歯医者の判断で行うことが容認されているので、注意していただきたい。

 抜歯原因の1位である歯周病でも、科学的な根拠のない独自の治療法を打ち出す歯医者がいる。たとえば、これもその一つ。

 「歯茎マッサージで、歯周病菌を取り除ける」

 歯茎(歯肉)をマッサージして血行を良くすると、免疫力も高まり、歯周病が治るという理屈らしい。こんなに簡単なら、なぜ広まらないのか? 

 歯周病治療の第一人者・弘岡秀明氏(スウェーデン・デンタルセンター院長)は、次のように解説する。

 「マッサージされた歯肉は、一見すると引き締まって見えるので、健康になったと“錯覚”するのです。歯周病は感染症ですから、原因となっているバイオフィルム(細菌のかたまり)などの除去が必要です。歯肉マッサージで歯周病が治るということは、あり得ません」

【関連記事】